小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

2017.02.08 Wednesday

2月のフレンチスタイルの家庭料理〜ブルゴーニュ料理

告知が遅くなりましたが、2月のフレンチスタイルの家庭料理レッスンは、ブルゴーニュ料理がテーマ。

ブルゴーニュはパリの南東に位置し、言うまでもなくワインの銘醸地として名高い地方です。

ブルゴーニュといえば、やはり赤ワイン煮が有名。

今回は、牛肉のブルゴーニュ風赤ワイン煮である、ブッフ・ブルギニヨンをメインに。

お供はワインのおつまみの定番、チーズ入りシューのグジェール、

そしてハムとパセリのゼリー寄せに野菜を加えたサラダ仕立ての前菜です。
残席わずかとなってきましたが、まだお席がご用意できる日もありますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

日程
2/18土曜日 1300- 満席御礼
2/19日曜日 1200- 満席御礼
2/21火曜日 1200- 残1席
2/25土曜日 1300- 残2席


レッスン料 6000円、料理に合わせたワイン付き 6500円

お申し込みは、ホームページのお問い合わせから、またはメールにて、

お名前、性別、携帯電話番号、人数を明記のうえご連絡くださいませ。

(なお、誠に申し訳ございませんが、男性のご参加は

女性とのペア参加、もしくはご紹介のみとさせて頂いております。)


メールアドレス〜 basque823★gmail.com
★を、@に変えてお送りください。

ご参加を心よりお待ちしております。
http://www.hatsumi-823.com

 

 

2017.02.05 Sunday

1月のお料理レッスン<長いもフレンチ>開催しました!

1月最初のフレンチスタイルの家庭料理は、長いもがテーマでした。
ホクレン主催、北海道産の長いもをたっぷり使った美味しいお料理を3品!

普段長いもはどんな風に召し上がりますか?と伺うと、ほとんどの方が和風にとろろや千切りしてお醤油を〜とおっしゃいます。
実は長いもはアンチエイジングの強い味方!

しかもニュートラルな味わいなので、和食に限定せずいろいろなお料理に取り入れていただきたい素材です。
まずは、長いものブリニス、スモークサーモン添え。
長いもをすりおろして小型のパンケーキに焼きました。食感が軽くて、朝食からおやつ、おつまみまで大活躍間違いなし。

こちらはメインの長いもスフレのアッシ・パルマンティエ。

アッシ・パルマンティエは煮込んだお肉に長いもスフレを重ねて焼いています。ドイツのまろやかな赤ワインに合わせました!


ホクレンから長いもの魅力を伝える冊子もいただきました。


長いものグラタン・ドフィノワ

ベシャメルソースもチーズも使わないのにしっかりコクあり!

気軽に作れるフレンチとしてリピート率の高いお料理です。


北海道の大地で育った美味しい長いもにホクホクのレッスンでした(*^^*)

長いもをご提供下さったホクレン様、素晴らしい機会を下さったこねくとごはんの皆様、ありがとうございました。


さて、2月はブルゴーニュ料理です!お楽しみに!!

2017.02.03 Friday

2月11日からショコラ・レッスン開催します

ゆる〜くスタートした2017年ですが、やはり節分、立春の区切りから徐々にスピードが出てくるように感じます。
春という言葉には、何かヤル気にさせる魔法があるのかも?

さて、2月は恒例のショコラ・レッスン開催します。
今年のメニューは、
フロランタンショコラ掛け
マロントリュフ
ハート形のガトーショコラ
の3点です。


難しいテンパリングはなるべく外して、楽しみながら本格的に美味しいものを作りますよ〜。

日程
2/11土曜日 1300〜残1席
2/12日曜日 1200〜残1席
2/14火曜日 1200〜残1席
レッスン料 6000円

ギフトボックス、リボンなどご用意しています。
お申し込みを心よりお待ちしています!

2017.01.06 Friday

1月のレッスンご案内<長いもフレンチ><ワイン&フードペアリング赤ワイン編>

新年から早や6日。

明日は七草粥で、お正月気分にもちょっと一区切りのタイミングです。

それにしてもこの年末年始は、12月初旬からずーっと一続きになっていたかのような慌ただしさ。

幸い体調を大きく崩す事無く乗り切れてホッとしています。

 

さて、1月はちょっとゆっくり目に中旬から本格的にスタートです。

 

★ワイン&フードペアリング

好評頂いたワイン&フードペアリングの第2回目です。

今回は赤ワイン4種を取り上げます。

色々な食材を併せてお食事とのペアリングも。

読むだけ、飲むだけ、食べるだけではなかなかわかりづらいペアリングを実際に楽しく体験頂けます。

1/15(日)1200-1500 -> 満席御礼

1/17(火)1200-1500 -> あと2名様

*このレッスンは各回4名様以上で開催となります。

ご参加費 9000円(資料、ワイン、ランチ全て込み)

 

★フレンチスタイルの家庭料理

「ホクレン提供!北海道産長いもを使ったスペシャルフレンチメニュー」

北海道といえば思い浮かべるじゃがいも、にんじん、冬ならば百合根・・・。

そしてそれに負けず劣らず美味しいのが長いも。

ホクホク美味な長いもはそのネバネバ成分がとても胃腸に体に良いのです。

 

メニュー:長いものグラタン・ドフィノワ、長いものパルマンティエ(お肉の軽い煮込みとの重ね焼き)、長いものパンケーキ仕立てスモークサーモン添え

新年にふさわしくまさにヘルシー&美食のメニューでお待ちしています。

1/21(土)1300-1600 →あと2名様(*席数は1/10現在です)

1/24(火)1200-1500 →あと2名様

1/28(土)1300-1600 →あと4名様

ご参加費 5500円、ワイン付き6000円

 

★スペシャルレッスン「ガレット・デ・ロワ・パーティ〜ガレット・デ・ロワを識り食べ比べ!」

1/25(水)1900-2100 

フランスで新年に頂くお菓子といえばこのガレット・デ・ロワ。

その歴史、エピソードや種類などガレット・デ・ロワのあれこれを知って美味しく食べる会です。

どうぞお気軽にご参加下さいませ。

ご参加費 7500円

 

今年もル・プティ・フールをどうぞ宜しくお願い致します。

 

お申込はHPのお問い合わせから、またはメールにてお願い致します。

basque823★gmail.com (★を@に変えてお送り下さい。)

*男性のご参加は面識のある方・ご紹介・女性とのペアに限定させて頂いております。

2017.01.04 Wednesday

BONNE ANNEE! 明けましておめでとうございます

BONNE ANNEE ET BONNE SANTE!

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆様のご多幸とご健康を祈年致します。

あっという間に年末を迎えそして年越し・・・。

普段よりさらにさらに慌ただしい年末年始でした。

そしてやろうと思っていた事の半分も片付かず、年をまたいでしまったのですが

あまり長く持ち越さないよう頑張って進めたいと思っています。

 

いつもパン食の我が家も元旦はお雑煮とワンプレートおせちでスタート。

区切り区切りで伝統食を頂くのは意味があり楽しい事。

和の伝統、フレンチの伝統、どちらも上手に取入れたいと思います。
 

我が家のお雑煮は、超シンプル。

前日から水に浸けた昆布(たっぷり)と、鰹節で濃いめのお出汁をとり、塩少々と薄口醤油で調味。

お餅はからすみ餅。両面をこんがりと焼いてお椀に。

たっぷりの三つ葉を添えて。

 

ワンプレートおせちは、数の子、子持ち昆布、黒豆、蕪とからすみ、野菜の甘酢漬けなどを盛り合わせて。今年は魚卵が多いですが!

12月のレッスンで好評頂き、はまっているのがブーダンブラン。

クレソンとマイユのマスタードで。

チーズの盛り合わせはお酒の大事なパートナー。

コンテ14ヶ月、カマンベール、ブルーデュヴェルコールサスナージュ

和梨とタイム添え

年末に仕込んだバントレッシュのスライスも。

お屠蘇代わりに今年は菊水さんの濁り酒で乾杯しました。

その後はやはりシャンパーニュとワイン。

 

真ん中右はマグナムボトル。

2008年に訪れたローヌの生産者さんで購入し持ち帰った記念のワイン。

毎年元旦にご一緒するワイン好きの友人から紹介して頂いたので今年はその来訪に併せて開けました。

10年経ってコクがあり洋梨のような香りと綺麗な酸が絶妙の美味しさでした。

 

それでは今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2016.12.31 Saturday

絶品黒豆とレヴェイヨン(大晦日)のオードブルレッスン開催

本来ならば24日のクリスマスケーキが仕事納めであとは年末年始のお片づけやお料理準備なのですが、今回はちょっと予定が増えました。年の瀬も迫る29日に「絶品黒豆とレヴェイヨンのオードブルレッスン」を開催。

 

リクエストを頂いての企画でしたが、29日なんて参加する方いるのかなぁと半信半疑。

でも蓋を開けてみると沢山のご参加者にびっくり。

準備する私にも熱が入りました!


絶品と名乗らせる黒豆。

これだけは10数年作り続けている、しかもいわゆる料亭仕様。

丹波篠山産の極上飛切という一番大きな粒を選び、ゆっくり煮ていきます。

止まらなくなる美味しさです!(自画自賛)

ちなみに、乾燥豆を水につけてから完成まで3日かけます。

 

こちらは島根県石見ポークをつかったバントレッシュ。

平たく言うと焼豚のようなお料理です。

各種スパイスをすりこんでピスタチオナッツをアクセントに。

こちらは焼いて1、2日落ち着かせた方が美味しいのでまさにこんな場面にピッタリ。

みなさん、個性豊かな巻き込みです。



こちらは黒豆の名脇役として欠かせないお砂糖。

鴻商店さんの無垢の星濤。

これでなければ出せない味とあるヒミツが!

黒豆煮にはおすすめです。
 

かくして、12月29日は大騒ぎしつつも無事終了。

*絶品黒豆

*彩り野菜のハニーレモンピクルス

*石見ポークのバントレッシュ

*鶏レバーのムース

*鱈と百合根、じゃがいものブランダード

*ミニクグロフ・サレ

 

ご参加下さった皆様ありがとうございました。

次回はまた更にグレードアップして開催できたら良いなぁと思います。

 

 

 

2016.12.25 Sunday

ビュッシュ・ド・ノエル2016

今年のビュッシュ・ド・ノエルレッスンが無事終了しました。

毎年少しずつ内容を変えてお届けするレッスン、今年は湯煎焼きした軽めのジェノワーズに、オレンジ風味のマロンとガナッシュクリームを巻き込んで、クレームシャンティで仕上げました。

毎年12月の20日過ぎからクリスマスイブまで数回開催しているビュッシュ・ド・ノエルをお一人一台作ってお持ち帰り頂くレッスン。実は当初は、この時期ではありませんでした。
レッスン日は月初め。練習してお家でTryして頂けるかな〜と思っていたのですが、あるとき1人の方から「せっかくならば作ったものをそのままお家で頂けるタイミングなら良いのに」と伺った言葉はまさに目からうろこ!

 

そう、確かにお家で1人で一台仕上げるのは大変。平日ならばお仕事の方もいらっしゃるし、休日でも他のお料理も作ったりとやる事はいっぱいありますものね。
練習してご自宅でも!というのはかなり高度かつ上から目線だったかな〜と反省しきりでした。

そして次回よりクリスマスに合わせたレッスン日程に。

本当に皆さんいらして下さるのか不安でしたが毎年沢山の方にご参加頂けて、感謝感激です。

クリスマスピックは毎年少しずつ変えていますが、変わらないのはキモカワいい小人達。

そして必ずクレッシュ(キリスト生誕の模様を象ったお飾り)をテーブルに。

こちらも毎年進化しているお食事メニュー。

軽いおつまみ付き、タパス盛り合わせ付きから今年はしっかりランチに。

日替わりサラダと美味しいパン、リエットなどに鶏肉のマスタード煮込み。

たっぷり入れたエシャロットとマッシュルームがポイントです。

これでその後の重労働?も耐えられる!


いざ始まると、皆さん無心になって取り組まれます。

素晴らしい集中力!

 

日頃1日かけてお菓子作りをすること、あまり無いかもしれません。

クリスマスは決してただケーキを食べる日ではないけれど、家族や友人があつまるきっかけになり、そこに心を込めて作ったケーキがあればなんだか幸せ気分が倍増するように思います。

 

今年も沢山のご参加ありがとうございました。

イブが終わるともう来年はどんな組み合わせにしようか!と考え始める自分が一番楽しんでいるのかもしれません。

2016.12.24 Saturday

12月のお料理レッスンは豚肉リエットを使った前菜2種、ブーダンブラン&鶏肉とポワローのポトフでした

12月のお料理レッスンは、<日仏貿易xクスパタイアップレッスン>で、フランス、エナフ社の豚肉のリエットを使った前菜2品、自家製ブーダンブラン、鶏肉とポワローのポトフ仕立て。冬のパーティシーズンにぴったりのシャルキュトリを活用・自家製したメニューでした。

作って楽しく、食べて美味しいシャルキュトリ(お肉加工品)はフランスが誇る食文化のひとつ。

もっとその美味しさを知って欲しい〜と思い、折りにふれて教室でもレッスンを行っています。


プレートその1。

お皿に、焼き椎茸と豚肉のリエットの前菜、ブーダンブランxマロンソース、ピクルスを盛り合わせ。

豚肉のリエットはそのままでも美味しいのですが、一手間かけておもてなしにも使えるテリーヌ仕立てに。

鶏レバーとハーブなどを併せてレバーが苦手でも美味しく食べられる!と好評でした。

十穀クラッカーと併せて、タイムとローズペッパーでおめかし。

「エナフ 豚肉のリエット」は日仏貿易株式会社様から販売されており、今回、ご参加者へのお土産として1缶ずつ差し上げました。

すぐにお家で作れます!!と大好評。クリスマスのメニューに加えて頂けたかしら?

ピクルスはコルニション、パールオニオン、にんにくのピクルスにプチトマトを添えて。

お肉の脂肪がさっぱりします!

鶏肉とポワローのポトフ仕立て。

ポトフには本来牛肉を使いますので、鶏肉だと「Poule au Pot =プロポ」となりますが、わかりやすくポトフ仕立てとしています。

私のこだわりはたっぷりのお葱!ポワローネギ、長ねぎを沢山入れて鶏のお出汁と葱の甘味が絶妙なバランスに。味付けは塩こしょうのみというシンプルさですが滋味深い味わいなんです。

レッスンでは、スモークソルトとワインソルトを添えました。

さらに、ポワローの青い部分でブーケガルニを作りみなさまにお持ち帰り頂きました。

早速ポトフ作りました!とメールを頂き嬉しい限り。

「手軽に作ってフランスを感じる家庭料理」と「プロフェッショナルなお料理のヒント」を組み合せた、私自身とっても楽しんだレッスンでした。ご参加下さった皆様ありがとうございました。

2016.12.07 Wednesday

12月のお料理「シャルキュトリでフレンチクリスマス」〜日仏貿易xクスパタイアップレッスン〜

師走も早や一週間が過ぎました。早い、早すぎる〜。

と言いつつも、12月はやはりなんだかワクワク気分です。

さて、12月のフレンチスタイルの家庭料理レッスンも間もなくスタート。

シャルキュトリ(お肉の加工品)をテーマに、自家製・市販を組み合せて作るクリスマス〜年末年始に大活躍の美味しいメニューです。パーティ気分も盛り上がりそうです!

★ 自家製ブーダンブラン(フランス風白ソーセージ)

★ エナフ社豚肉のリエットを使った簡単テリーヌ

★ エナフ社豚肉のリエットと焼き椎茸のオードブル柚子風味

★ 鶏肉とポワロー葱のポトフ仕立て

★ デザート

★ ワイン付きの方〜アルザスの白ワイン

今回、日仏貿易xクスパのタイアップレッスン企画「ワインと楽しむおつまみとパーティ料理」に参加しています。

日仏貿易株式会社様から販売されている「エナフ 豚肉のリエット」を使っておしゃれなお料理に大変身。

こくのある白ワインとともに召し上がって頂きます。

残席が以下の日程のみとなりましたので、ご興味ある方どうぞお早めにご連絡くださいね。

★空席情報(12/7現在)

12月13日(火)残席1

12月18日(日)残席2

ご参加費:6000円、お料理に合わせたワイン付き7000円

★お申込はホームページのお問い合わせから、またはメールにて。

basque823★gmail.com

★を@に変えてお送り下さい。

また、携帯メールご利用の方はgmailから受信できるよう設定をお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしております☆

2016.12.02 Friday

[食健 × クスパ]コラボレーション企画に参加中〜グルテンフリー麺を使ったお料理をご紹介しました

10月の「醤油麹を使った絶品フレンチ」の回、

11月末〜12月の「フレンチx薬膳レッスン」では、

それぞれグルテンフリー麺を使ったお料理を1品ご紹介致しました。

[食健 × クスパ]コラボレーション企画に参加させて頂くにあたり

試食会&説明会を経てレシピをル・プティ・フール流にアレンジ。

グルテンフリー麺が初めての方に美味しく召し上がって頂けるよう工夫しました!

グルテンフリーは、お菓子レッスンではこれまで2回ほど開催しましたが

お料理では今回が初めて。

麺をご提供くださった「株式会社食健様」開発の美味しい麺のおかげでお料理の評判も上々!

使った麺はこちらです。「玄米100%生めん(細麺)」(クリックすると外部リンクに飛びます)

合わせたソースは、舞茸・ベーコンの入ったトマトソースでそこにちょっぴり辛みを加えました。

 

私自身、今までグルテンフリーの麺は乾麺しか使った事がなく

生めんは初めて扱いましたが、いや〜手軽で美味しいのです。

レッスンで採用したレシピ以外でも色々と開発したくなりました。

麺自体の味は玄米100%でとてもニュートラル。

小麦や蕎麦のような強い個性はありませんが、その分合わせるソースを選びません。

そしてソースや具材が程よく絡みやすいのも魅力。

 

ご参加下さった皆様からも、「良い意味で無国籍風の麺ですね」

「いろんなジャンルで使えそう」と嬉しいコメント。

そうなのです、私もしっかり和洋中と一通り味わいました。

 

グルテンフリーは敷居が高い、興味はあるけど実践しづらいという方にも

気軽にTryして頂きたいですね。

たっぷり頂いてもお腹にもたれないのも嬉しいです。

 

そして食健様のホームページには興味をそそられる健康を考えた商品がいっぱい!

「玄米100%生めん(細麺)」は、現在通販のみの販売ですが販売されるショップがあれば良いな〜というお声も沢山頂きました。

 

食健様、クスパの皆様、美味しくてヘルシーな商品のご紹介をありがとうございました。