小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

2011.07.22 Friday

ボルドー&バスク(4)シャトーベイシュヴェル@サンジュリアン Chateau Beychevelle, Saint-Julien

7月5日火曜日 午前11時を過ぎ真夏日ともいえる灼熱の暑さに!!

本日2件目はサンジュリアン村にあるシャトー・ベイシュヴェルへ。
こちらはサントリーがオーナーの一人であるためか
日本人の訪問も多いようです。

マルゴーからは遠くないのですが予定がずれてしまったため
またもやこちらも遅刻して到着・・・本当にすみませんでした。
私達のせいで時間に正確な日本人のイメージが狂ったかも?!

さて早速見学にはいります。醸造所〜熟成庫へ。


いつも熟成庫に伺うと、「お醤油の蔵と似た香りがする」と
思ってしまう私。
原料と種類は違っても酵母、発酵、という共通のキーワードがあるからでしょうか。
小さい頃近所のお醤油を作る会社のお蔵がありその香りを
よく嗅いでいたせいか!?
(ちなみに家で使うお醤油は濃い口・薄口・甘露それぞれ一升瓶で購入してました。)


こちらではブティックが併設された受付棟で限られたヴィンテージのみですが
ワインも販売されています。
その他にワインの注ぎ口に使うアルミのStop-Goutteや
ボトル敷きなどもありお土産にピッタリなものもあり、記念にお買い上げ。

抜けるような雲一つない青空のもとに佇む瀟洒な建物。
元々サンジュリアン=ベイシュヴェル村に住む海軍提督の館でした。
ボトルのエチケットに描かれている帆を下げた船がトレードマークです。
その由来については諸説あるようですが
「ジロンド川を渡る船がサンジュリアンを通る際海軍提督に敬意を表して帆を下げた」説が
いちばん有力だそう。払う税金を少なくするため、よりはロマンチックで良いかな・・・。
シャトーの方も、色々ある中から好きな説を信じてください、とのこと。


暑さのなか、けなげに育つ葡萄です。
この辺りの土壌は表面に小石がごろごろしています。
昼間はじりじりと太陽が照り付けますが朝夕はすっかり冷え込むほどに。
小石は地表の朝夕の急激な温度変化から守ってくれるそうです。

マルゴーに続いて遅刻したにも関わらず親切に、丁寧にご案内くださった
ベイシュヴェルの方、ありがとうございました!
そして通常はテイスティングは無しだそうですが
特別に2010年のワインを少しだけ味わせていただきました!
(ボルドーのシャトーは一般にEn Primeurという形で大方が販売されてしまうため
シャトーではレセプション用、保管用以外ではワインを確保しておらず、試飲販売は
原則的に行っていません。→このシステムを知らない外国人が見学に来て、怒ってしまう
ことも良くあるそうです;;)

さてこの後はポイヤック村でお昼休憩をして一路南下して
初めてのソーテルヌ地区を目指します。
2011.07.21 Thursday

ボルドー&バスク(3)シャトーマルゴー訪問@マルゴー村にて Chateau Margaux

7月5日火曜日 快晴、そして陽射しが強くて暑い!助手席にいると右腕が
焦げそうでした〜。

本日は憧れのシャトー・マルゴーへやってまいりました。
↓ 雑誌やパンフレットでしか見たことのない建物(ここは立ち入り禁止ですが)を
間近に見て感激です。



樽職人さんです。シャトーマルゴーでは自前で樽を作っているそうです。


そしていよいよ醸造所内を見学・・・
近代的なステンレスタンクが整然と並び、床もタンクもぴかぴかです。


肌寒い倉の中でゆっくりと眠るワインたち


見学の後は広々としたテイスティングルームへ。




セカンドブランドのPavillon Rougeに続いて、Chateau Margauxも
ティスティングさせて頂きました。

私達を案内してくださったEmilieさん。
英語も堪能なオシャレで美しい女性です。

まだ年数が経っていないワインながら、Pavillon Rougeも
美味しかったのですがその後に頂いたChateau Margauxの
味わいは素人が味わっても、突出していました。
ざらつかず、しっかりした上質のタンニン、
味の深み、簡単にいただけるワインではありませんが
だからこそ、もしテーブルに供される事があれば
じっくりと味わいたいものですね。

ぶどうから作られるワインという飲み物の神秘性を
改めて、より深く感じることができたようです。

サンテミリオンからマルゴーまで道路大渋滞でアポイントに
遅刻してしまったにも関わらず親切に対応くださった
シャトーマルゴーに心から感謝です。
2011.07.15 Friday

ボルドー&バスク(2)サンテミリオンのレストラン ’L'Envers du Decor'(ランベール・デュ・デコー)

7月4日(月)の続きです。

この日の夕食は、L'Envers du Decorというレストランへ。
ここは以前2004年に来たときにも伺ったお店。
気軽でボリュームたっぷりで美味しくおススメです。
「神の雫」21巻にも登場しています。

お店の外観はこちら↓
入口は普通ですが、奥に広ーーーいテラス席があります。


このところボルドーはお天気が良くとっても暑い日が続いているそうです。
5月に来た知り合いも「車の中の温度計が35度だった!」と言っていました。
この日もとても暑かったので、まずはシャンパンを頂いて、
その後はきりっと冷えた白ワインで。
Chateau Le Sartre, Pessac-Leognan 2009
地方ではやはり地元のワインを楽しみたいですね。



空腹な3人が頼んだ前菜の数々。かなりのボリュームです!
手前から時計回りに、野菜の盛り合わせ、トマトとブラータ(見えづらいけど白いのが
ブラータというチーズ。モッツアレラをとろーりさせた感じ)、生ハムサラミなど
シャルキュトリー盛り合わせ。


ちょっとピンぼけしてすみません。
赤はChateau Canon 2001 Saint-Emilionのワインです。


続いてはメインディッシュ。いやー頼みすぎましたね?!
上から、鴨胸肉ソテー、牛肉ステーキ、腸詰系。脂肪が少ないので意外に
ぱくぱくと食べられます。



このレストランでは思いがけない出会いが・・・
後ろのテーブルに座った男性3人組が写真をとってくれたのですが
どこから来たの?と聞かれ東京から、と答えると
僕も2週間前に東京に行ってたんだよ!とのこと。
なんと6月に行われたNew Yorkのメトロポリタンオペラ、METの関係者でした。
実は私とダンナ様もNHKホールでのLa Bohemeを観劇したんです。
震災の後、次々来日キャンセルする海外の劇団が多い中、
METはキャストに多少の変更はあったものの、来日を敢行。
音楽好きの友人から紹介され、せっかくの機会だからと出かけたのでした。
その方は東京での仕事を終え、フランスの友人を訪ねてきたのだそう。
素晴らしい公演のお礼を伝えたところ、METの方こそ、
東京での温かい歓迎をとても喜んでいるとおっしゃいました。
旅の中での嬉しい一コマ。

23時ごろ、人影もまばらなテラスです。


外に出ると閑散として静か!やっと涼しくなりました。
夜の街は趣があって大好き。

明日はボルドーシャトー巡りなので早起きです!
2011.07.14 Thursday

ボルドー&バスク(1)サンテミリオンの街とマカロン

7月4日(月) 今日もまた晴れです。

ブルターニュの海辺から、一路ボルドーへやってきました。
直行便がなかったので、パリ・オルリー経由にて。

カンペール空港チェックインの際にカウンターの人に
パリで乗り継ぎはありますか?荷物を直接送れますよ、と
親切に言われたのですがバカンスでごった返すパリが頭に浮かび
ロストバゲッジが頭をよぎったためお断りしました。

正直、荷物を受け取ってまた預けるのは面倒ですが
万一なくなってしまっては元も子もありませんから〜。

ボルドー、メリニャック空港からレンタカーでサンテミリオンへ。
7年ぶりの再訪です。


街の広場の教会脇広場はカフェレストラン。
気温29度ぐらいなんですが日陰は涼しくて快適です。

同じ場所を上から見るとこうなります。
夕方6時ぐらい、皆思い思いにくつろいでます。




サンテミリオンのマカロンとクロッカンです。
マカロンはパリのマカロンと違って柔らかいクッキーのようなお菓子。
甘口ワインとも相性が良いです。
おやつにぱくぱく食べるような印象。
クロッカン(かりっとしたという意味)はアーモンド入り。
軽いのですがお砂糖はたっぷり入っているので食べ過ぎに注意!


こちらはオーヴェルニュ地方にあるライオルのナイフの専門店。
ソムリエナイフ、ペーパーナイフから大型ナイフまで色々揃っています。
看板の牛の表情がお茶目。


だんだん夕暮れが近づいてきました。
夏は夜10時ごろまでは明るいので安心してのんびりうろうろ歩いていると
え、もうこんな時間?と言う事に。
一旦ホテルに帰って夕食に出かけます。
2011.07.09 Saturday

ブルターニュの美味しいもの(3)レストランMoulin de Rosmadec@Pont-Aven

7月3日(日)今日も快晴!気温は26度ですが体感は30度?!

Pont-Aven(ポンタヴェン)という可愛らしい町にやって来ました。
目的はこちらのすてきなレストラン、Moulin de Rosmadecでのランチ。
(ミシュラン1つ星だそうです。)
ちなみに以前日本のガイドで「イケメン兄弟シェフの素敵なレストラン」として
紹介されていました。



3種類のアミューズです。


こちらは同席者がオーダーしたオマール。
半身に割ってレモンとオーガニックのオイルを使ったドレッシングで。


ダンナ様のチョイスはヒラメのソテー。
泡のソースが口当たりも軽くボリュームたっぷりのひと品です。
出始めのジロール(あんず茸)が美味しい〜!


私はこちらのオマールです。甲殻類のソースにフレッシュパスタ添え。
パスタが美味しくて完食したら後から苦しくて・・・。

デザートは地元のガトーブルトンをアレンジしたもの。
クッキーとも固めパウンドともつかない「ガトーブルトン」
アイスクリームを添えたり楽しみ方はたくさん!!



Pont-Tavenは小さな村ですが芸術家の村と言われています。
あちこちに素敵な色合いのお家を発見!
やはり海を意識した色調が合うのかしら。


雲ひとつない快晴の空の下、
ベンチに座ってぼーーっとしていることも貴重なリラックス!

この日伺ったレストラン:
Le Moulin de Rosmadec
Venell de Rosmadec, 29930 Pont-Aven

2011.07.08 Friday

ブルターニュの美味しいもの(2)クレープ@Le Temps Passe、ロクロナン

7月2日(土) 快晴です。
ブルターニュ名物としてすぐに名前があがるのは、やはりクレープ!
今回は伝統的なクレープが美味しいお店に連れて行っていただきました。


Locronan(ロクロナン)という小さな町です。
同じ石造りの建物でも地方によって印象はさまざま。
ブルターニュはグレイの色調で重厚な雰囲気があります。
前回は冬でどんよりと重い印象でしたが夏は日差しがまぶしくて
幾分軽やかな感じです。

アンドゥイユという癖のある腸詰(もつをぐるぐると巻いたようなものと言えば
わかりやすいかも)をスライスしてのせたものです。


そば粉ベースの生地はガレットと呼ばれます。
生地はあくまで薄く、ぱりっとして軽い食事にぴったり。
バターの香りも強すぎずあっというまに一枚食べ終わりました。


クレープの御供はやはりシードル。
こちらはオーガニックの作り手の物で、ワインに負けない美味しさが売り。
お茶碗のようなボウルでいただくのが一般的ですが
この日はよく冷やしてワイングラスで。
カップとグラスでは味わいが違いました!


デザートクレープはフロモン(Fromont)という小麦粉生地のもの。
こちらは中にソテーしたリンゴと自家製バターキャラメルソースが
入っています。生地はしっとりとして薄く軽く、とろけるような美味しさ。
綺麗な焼き色にも注目!

町の中心の教会。この日は結婚式が行われるため
着飾った人たちが次々に教会に集まってきていました。

それにしても・・・暑い!
半袖にじりじりと照りつける真夏のような強い陽射し。
日焼け注意報間違いなし。
それなのに日陰に入るとヒンヤリして肌寒く感じます。
雨の予報はどこへやら、雲ひとつない晴天がつづいてますが今年は雨が少なく
かなり乾燥しているのでもっと雨が降ってほしい!のだとか。

2011.07.04 Monday

ブルターニュの美味しいもの(1)オマール、ラングスティーヌ、生ガキ・・・

数日間ほどブルターニュの知り合いのお宅に来ています。
ブルターニュの中でも西端、フィニステール県というところ。
真夏のバカンスシーズンでもそれほど混み合う場所ではないとか。
海岸まで歩いて10分弱の静かで素敵なところです。


シーフードをたっぷり用意してくださいました!

アボカドムースにオマールの爪の部分。

エスカルゴ・ド・メール
茹でたものをつまようじで頂きます。

なんと生ガキです。夏なのに・・・。
生産地から近いので食べられるとか!美味しかったです。


たっぷりのラングスティーヌ(手長海老)にオマールブルー。
ゆでただけですが、味が濃くてそのままでも十分美味しい。
ワインも次々空いていき・・・もうお腹がはちきれそう・・・。

夜は10時ごろまで明るいのでついつい夜更かししてしまいます。