小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

2012.09.27 Thursday

コンフィチュール用の銅鍋とルバーブ

ずっと前から欲しかった銅製のコンフィチュール鍋。
パリに行く度、最終日近くにレアールの道具屋さんに行くも
それまで買った荷物を考えて断念していました。

ところが6月にパリ駐在を終えて帰国する友人から帰国荷物で
送ってあげるよ、との嬉しいお申し出がありお言葉にあまえて
お願いしたのがこれ。


その名も、Bassin a Confiture
文字通り、「Bassin(バッサン)=洗面器・たらい」の言葉がぴったりなこの銅鍋です。
我が家のガスレンジにもぴったり収まりました。
(とはいえ、底径30cm…Cさん、本当にありがとうございました!!)

ぴっかぴかの鍋を使って何か作りたいと思っていたところ
軽井沢に行った別の友人からルバーブを頂きました。


しっかり太くてすっぱいルバーブですが火を入れるととろり
美味しいコンフィチュールになります。

きれいに洗って2−3cm長さに切りそろえたらボウルにいれて重さをはかり、
グラニュー糖をまぶします。
今回早めに食べきりを想定して、グラニュー糖はルバーブの60%にしました。

時間をおくと、水分がでてこんな感じに!
私は前日準備して一晩冷蔵庫で寝かしておきました。
中強火であくを取りながら煮て行きます。
実が煮くずれて水分が少なくなりとろみが出てきたらOKです。
大体10〜15分ぐらいでしょうか。
熱いうちに消毒しておいた瓶に詰めてふたをして逆さまに。
冷めるまでそのままにしておきます。


今回は全部で中ぐらいの瓶4つできました。

コンフィチュール鍋を買ってきてくれたCさん、
ルバーブを買ってきてくれたYちゃんに次回会う時にお裾分け♩
後は自家消費。パンに付けるだけではなくてお肉料理や
フォアグラにも使えます〜。

参考までに今回の分量はこちら。

ルバーブ 正味 800g
グラニュー糖  480g (ルバーブ重量の60%)
レモン汁    1/4個分
レモン皮すりおろし 1/4個分(ただし無農薬に限る)
バニラローズシロップ 小さじ1/4 (香り付けに使いましたがもちろん省略可)

熱伝導が抜群に良いコンフィチュール鍋のおかげで
ますますコンフィチュール作りに拍車がかかりそうです♩
2012.09.25 Tuesday

Amy's Bakeshop エイミーズベイクショップ@西荻窪

久しぶりに会う友人と荻窪でランチした後に
ゆっくりお茶しよう〜ということになり以前から行ってみたかった
西荻窪のAmy's bakeshopへ。
いつも行こうとするとなぜか定休日だった、ということばかりだったので
念願かなって訪問できて嬉しい。



こちらはアメリカの焼き菓子のお店。
ニューヨークチーズケーキ、フルーツやチョコレートのマフィン、
濃厚そうなブラウニーなどが並びます。
イートインスペースもあるのでやはり気になるお菓子はすぐに頂きたい!



私も友人もなぜか同じニューヨークチーズケーキをチョイス。
こってり濃厚なチーズケーキは食べ応えあります。
個人的には、土台に少しざっくりした生地があると、
チーズと交代でより食べ進めやすいかと思いました。
暑い日だったのでついアイスカフェオレを頼んでしまったのですが、
エスプレッソでも良かったかな〜。

この他にテイクアウト用として、
ファッジブラウニー:チョコレートたっぷり濃厚小さめバータイプ
キャロットケーキ:ナッツ、人参がたっぷりのどっしりしたケーキ
ブルーベリーマフィン:生地は軽くさっくりでベリー多め
を購入。写真を撮る間もなく美味しく頂きました!

やっと涼しくなってきたこの時期、西荻窪駅から歩いて5、6分なので
お散歩がてら伺うのもおすすめです。

Amy's Bakeshop
東京都杉並区西荻北2-26-8 1F
TEL&FAX 03-5382-1193
1100-1900 月火定休
http://amysbakeshop.com/home.html

2012.09.21 Friday

ベルサイユのばら展開催中!@松屋銀座店

連休最終日に、連載開始40周年を記念して松屋銀座で開催中の
ベルサイユのばら展に行ってきました。(9月24日月曜日まで)

今の私を作ってくれたと言っても過言ではないぐらいの影響を受けた作品です。
そんな方多いのではないでしょうか?


会場に展示してある数々の原画をちらりと見るだけで
その前後の内容がくっきりと浮かび、時にはセリフすら出てくるから不思議!
(ああ、この記憶力が今の私にほしい〜!)

小学生の頃歴女ジュニア?だったわたしは、ベルばらに出会う前にたまたま
シュテファン・ツヴァイクの「悲劇の王妃」(マリー・アントワネット伝記)
を読んでいたので、ベルばらの内容を追っていくのは
本当に楽しく、かつ架空の登場人物も加わってはらはらドキドキの連続。
まさに寝ても覚めてもベルばらな時期でした。

ベルばらを読むうちに知った奥深いフランスの食や文化にすっかり魅了された私
それに拍車をかけたのは、ベルサイユのばら特集の豪華本。
その中にはフランスの宮廷の食文化の紹介、当時の流行ファッションの解説など
びっくりすることばかり。。。
以後図書館に通い、ほぼ毎日同じ分厚いフランス料理本の写真をじーっと眺める
という日が続きました。

どうしてそんなにフランスが好きなんですか?
何がきっかけでフランス菓子、料理をやろうと思ったのですか?
と聞かれる度に、「ベルサイユのばら」です!と答えると一様に
驚かれるのですが、ベルばらにはそれだけ多くの魅力的な要素があったのです。

さて、関連情報。現在横浜そごう内のそごう美術館では、11月18日まで
「マリー・アントワネットの物語展」が開催中。
こちらもぜひとも行ってきたいと思います。
横浜の後、西日本中心に巡回するようです。
http://www.marie-monogatari.com/index.html

さらに12月15日からは映画「マリーアントワネットに別れを告げて」が公開。
ベルサイユ宮殿でのロケも行われたそうでこれまた必見!
http://myqueen.gaga.ne.jp/

今年後半は久しぶりにマリーアントワネットとベルばらの世界に浸ります。
2012.08.23 Thursday

パリのパン屋さんGontran Cherrier(ゴントラン・シェリエ)@渋谷

パリ、モンマルトルにお店を構える人気のブーランジュリー”ゴントラン・シェリエ”
今年冬、友人からのパリ土産にいただいたクッキーが美味しかったので
しっかりと名前もイケメンシェフであることも記憶済み。

そのゴントラン・シェリエのプレオープン中のお店を渋谷で発見!
早速お買い物しなくては〜。
棚をみたところ、「モンブランデニッシュ」が美味しそうでしたが
あいにく売り切れ。
個人的に大好きな「メロンパン」と「ブリオッシュ小豆」を買ってみました。
メロンパンは表面のクッキー生地がたっぷりさくさく、
あられ糖の食感もいい感じです。
そして中のパン生地は普通のパン生地ではなくて
丁寧に折り畳まれた生地。なんとクロワッサンなんだとか。
しっとりバターの風味があって弾力もあって美味しい。

軽いブリオッシュ生地にこしあんの入ったほうもスッキリ。
あんの水分でしっかり焼かれたブリオッシュもパサパサに感じません。
店内はイートインスペースもあったので混まないうちにまた行ってみよう。
お値段も普通のパンやさん並でした。
お持ち帰りの袋は鮮やかなイエロー。
店名の上にあるArtisan Boulangerとは、職人さんが作っている
パン屋さんのみに許される言葉です。

それにしてもここ数年、フランスの有名店の日本出店が著しい・・・。
いろんなところにいろんなお店ができて回りきれていません!
涼しくなったらあちこち行ってみようかな。

Gontran Cherrier
渋谷区渋谷1-14-11
渋谷駅から宮益坂に入るところです。

2012.07.27 Friday

Little Helloさんのオリジナルカード@池袋西武

素敵なオリジナルカードを作っている
Little HelloのTATSUKOさんから出展のご案内をいただいて
池袋西武デパートのInterior Lifestyle at SEIBU展に立ち寄ってきました。

おなじみのカードのほかに新作もあったのでいろいろ見せて頂きました。
蝶々がかわいいサンキューカードは、ミシン目で切り離して使います。
周りはまだ切ってないのですが、こんな感じ。
ミシン目から3つに折れるので手帳に入れておいてさっと使えます、と
伺ってなるほどー。ちょっとしたギフトに添えると素敵です。
蝶々が立体になるのも可愛い。

実はカードやシールの類をいろいろ買ってしまう割には集めるばかりであまり使ってない私。
こちらはお手頃10枚セットのカード。
Thank you card、席札にも…これ来週のイベントの時に使えそう!

定番お花のカードもラメのような光沢があってキラキラ綺麗。
ブローチにしたい?!

こちらも新作だそうで、メッセージありなしの2種類そろう
越前和紙のカードです。模様とHappy Birthdayは刺繍です。
温かみが伝わってきます。

会場には食器やアロマ、クッションなどいろいろなお店があり
ついあれこれかごに入れてしまいそうになるのですがモノを増やさないと決めたわたし、
結局カードのほかにはiPhoneケース、野菜を洗う柔かブラシを購入。
信楽焼の洋食器にも興味あったのですが…またの機会にゆっくりと見てから。

この催し、池袋西武デパートにて、30日月曜日まで開催しているそうです。
(最終日は6時まで)
http://www2.seibu.jp/wsc/010/N000050293/0/info_d

行かれたらぜひLittle Helloさんのコーナーにもいらしてくださいね。

サイト&オンラインショップはこちらです♩
Little Hello
http://www.little-hello.com


2012.07.01 Sunday

Maunaさんのかっさと素敵なアクセサリー

先日お守りアクセサリーのお店、Maunaさんのブログで見つけた
ローズストーンのかっさ。
かっさという美容法に、少し前から興味はあったものの 
スプーンやれんげを使うのはちょっと・・・と思っていたので
素敵な石のものなら、と即予約してお店に伺いました。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、可愛らしい天使の羽の形の
ローズクォーツなんです。
これでマッサージしたらお肌生き生きしそうです!

こちらは、サーペンティンというお抹茶のような色の石。
毒素を出す効果もあるそうで、ちょっと大振りなので
こちらは足のむくみ対策用に併せて購入しました。
(お顔と足用、同じものを使うのもちょっと抵抗があったので・・・)

早速お風呂上がりに試してみたところ、うーんいい感じです。
特に足の方は今まで手でオイルマッサージをしていましたがこの石を使うほうが
簡単で疲れなくて、すべりもよくゆきわたる感じがします!
Maunaさんが一つ一つ細かい傷のないきれいな石を選んでいるので
安心して使えるのもポイント高し。

せっかくお店に伺ったのでいろいろ見せていただきました〜。
こちらは、誕生日石!
4月、5月、と誕生月の石はありますが、月&日ごとの石なんだそう。
ううう・・・欲しくなっちゃいました。
365日あるのでプレゼントにも良さそうです。

こちらはお守り石。
私も大切な友人へのギフトに購入したのですがとても喜んでもらえました。
健康、勇気、仕事など相手に必要なものを考えて選べるのが嬉しい。

Maunaさんのブログ:
http://blog.mauna.shop-pro.jp/
ショップサイト:
http://mauna.shop-pro.jp/

かっさについてLove Body Love Earthさんの記事:
http://slowlife.lble.jp/article/17248418.html


2012.06.03 Sunday

シックなオーストリア菓子のツッカベッカライ・カヤヌマ

先日用事があって虎ノ門へ出かけました。
予定より早く終了し、雨も止んだのでそれでは、と溜池山王まで歩いて
久しぶりにツッカベッカライ・カヤヌマさんへ。

オーストリアのマイスターの称号を持つ栢沼シェフのお菓子は
見た目は素朴ながら厳選した材料と丁寧な作り、
マイスターの技が溶け合って「ここでしか」味わえないもの多数。


しっとりしたチョコレートスポンジの表面に薄くアプリコットジャムが塗られ、
さらにこのつややかなグラッサージュ!(ドイツ語だとショコラーデン・グラズール?)
チョコレートで覆われたものもあるけれど、私はやはりこのさくっと硬めの
グラッサージュのほうが好き。

二口三口で食べてしまいそうな大きさ(直径4.5cm)ですが
小さめに切って少しずつ味わって頂きたいもの。
お供はカフェでも良いけど夜だったらお酒と一緒に。

ちなみに1つ840円。18cmホールは8,400円らしい。(お店のHPから)


こちらはモーントルテ。ケシの実がたっぷり入った素朴なケーキ。
しかしただの素朴ではなくて、ケシの実を油が出ないよう細かく挽いて
使うのだそう。

味わいは黒ゴマに似ているけれどゴマよりは軽い。
さっくりとしてあれよあれよと言う間にお腹に収まる。
おやつにこんなケーキが食べられたら幸せ。

この日は他にキリッシュトルテ、バームクーヘンを購入。
キリッシュトルテはフランスだとフォレノワール、つまり黒い森のケーキ。
特産のチェリーをはさんで生クリームで仕上げてある。
カヤヌマさんのものはお酒が効いて大人の味。

もう一つのバームクーヘンは年輪型ではなくて薄い生地を重ねて
焼いてあるタイプ。間にはしっとりしたマジパン、
表面にはチョコレートがけと、上品でしかもどっしりとした味わい。

私が自分へのご褒美に買うのは、テーベッカライというクッキー。
缶の中には3種詰め合わせ。
どれも後を引く美味しさです。

ツッカベッカライ・カヤヌマ
〒107-0052  東京都港区赤坂1丁目4−5
03-3582-5689
月〜土 1100-1800、金のみ1100-1830
日曜定休
http://zuckerb-kuk.com/kayanuma/index.html









2012.05.31 Thursday

GMTxハッスルランニングのオリジナルグラノーラ

以前ブログでもご紹介した中目黒にあるシリアル専門店、GMTさん。
添加物を極力抑えて、厳選したナッツ、フルーツ、オーツなどで作る
美味しいグラノーラとミューズリーが大人気のお店です。

そしてこちらはランナー向けサイトのハッスルランニングさんが
今回GMTさんとコラボで作ったオリジナル商品、
その名も「ナッツクレージー」!

実はハッスルランニングのサイトオーナーは私の友人でもありマラソン出場も多いランナー。
日ごろから気軽に食べられて、栄養を考えたランナー向けのグラノーラを開発したかったのだとか。
GMTのオーナーさんもランナーで、オリジナル制作につながったそう。

ランナーではない私ですが、ナッツ好きとしては、自然派おやつに興味津々!
口に入れるものは何よりも、美味しくなければ・・・
ということで、早速お味見してみました。


見るからにナッツぎっしり〜で美味しそう!
通常のグラノーラとの違いはドライフルーツを加えていないこと。
極力糖分の使用も控えてメープルシロップのみ使っているそうです。


ドライフルーツが入っていないので、甘みはほのかに感じられる位ですが
朝食から軽食までカバーするには十分な甘さ。
そして気になる中身はオーツ麦、ひまわりの種、アーモンド、ピスタチオ、
くるみ、ピーカンナッツ、カシューナッツ、カボチャの種(好きなものばかりでした)

噛み応えがあるのでこのまま食べても美味しいし、もちろん牛乳や豆乳をかけても良さそう。
ナッツにはビタミンEを始め体に良い油が色々含まれています。
今勉強中の薬膳でも、これらのナッツには老化防止、貧血、便秘、頭痛などに
効能があるようです。
もちろんこれだけ食べていればOKということではないので
良質な栄養をとる一つの方法として取り入れたいですね。

但し、一つだけ注意することが・・・。
とっても美味しくて後を引くので気がついたら一袋全部食べちゃった!!
てなことにならないように!

ハッスルランニングオリジナル「ナッツクレージー」
300g 1,050円 (数量限定だそうです。)
http://hassuru-running.com/

2012.05.18 Friday

好きなフランスの本(2) La Cuisine au fromageと ルルーさんのCaramel & Beurre sale

チーズの勉強をしているときに確かAmazonで買った
La Cuisine au Fromageというチーズを使ったお料理の本。
ちゃんと地図や、フランスチーズの概要も、AOCも説明されていて
フランス語とチーズを一度に勉強できるステキな本。

そのまま食べても美味しいチーズを惜しげもなく使い、
美味しい(と思われる)料理に仕立てているのはさすが!



どれもこれも美味しそうなんですが、難点は日本のチーズの価格を考えると
非常にコスト高になってしまうこと・・・。
いつかふんだんにチーズを使ってこの中のレシピを再現したいもの。

山羊チーズのクロタンを丸ごと焼きこんだパイ
羊のオッソーイラティのスフレタルト
ブルーデコース(青かびタイプ)とほうれん草のムール貝ファルシ・・・などなど



変わってこちらは、ブルターニュの塩バターキャラメルがいまでは日本でも
大人気&有名になったアンリ・ルルーさんの著書。
優しく気さくなお人柄そのもののステキな本。

ちなみにこれは、7年前にキブロンという港町にある彼のお店にうかがった際に購入。
当時はそのお店の脇にこじんまりしたラボがあって、ショコラ作りも見学させていただいた。
(確かサロンドショコラの前なので、これは東京に送るショコラだよ〜とおっしゃっていたなぁ。)
今は別の場所に大きいラボをお持ちらしい。


年末の寒い寒い日にうかがった私たちを温かく出迎えてくださり、
わざわざショコラ・ショーを振舞ってくださった優しいルルーさん。
イラストもお上手でお店でその場でメッセージとイラストを描いてくれました。

この本を開くたび、のんびりしたキブロンの町とお店が
まるで昨日のことのように細部までくっきりと思い出され、また行きたくなります。

2012.05.07 Monday

お気に入りのオイルのある生活

油と脂、その違いは「液体(油)」なのか「固体(脂)」なのかということらしい。
いくらカラダに良い油でもやはり摂り過ぎは良くないし、
体にため込むのは更にNG。
但し油脂を加えることでお料理にコクが出て深い味わいになるのも事実。
それゆえ気を付けつつも適量を上手に摂りたいものです。


こちらはイタリア商品のセールでまとめ買いするオリーブオイル。
サラダのドレッシングや、パンにつけたり、
フリットを揚げるのにもバンバン使って大活躍。


最近我が家で大人気なのがこちらのごま油。
韓国旅行をした友人からのお土産なのだけど
グルメな彼女のおメガネに適っただけあり、ひとあじ違う。
いつものナムルが本格的な味にグレードアップされるのでかなりの頻度で使用中。
そのままでは味も香りもやや濃いめだけど素材と合わせるとすっとなじむ。


こちらはオーガニックのフラックスオイル、つまり亜麻仁油。
血液をサラサラにしたり脂肪代謝にも効果があるとされるオメガ3脂肪酸を
豊富に含むオイル。加熱は厳禁なので温野菜やサラダにさらっとかけて
頂くと良さそうです。


こちらはアルガンオイル。モロッコで育つアルガンの実から取ったオイル。
フランスのシェフが愛用する貴重なオイル・・・と聞いて試したのが
かれこれ7,8年前の事。
これ一つで普通の野菜サラダががらりと変わる!ぐらいの優れもの。

以上4つのオイルの共通点は、とにかく美味しいこと。
私のモットーとしている「美味しいものを食べたら体にも良かった!」を
実践できるものばかり。

気を付けることは、オイルは酸化してしまっては意味がないので
開封したら早目に使い切る事。
高価なオイルだからとちまちま時間をかけて使うと風味も落ちるので
思い切って普段使いがお勧めです。