小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< ボルドー&バスク(6)エスプレット村再び・・・Hotel EuzkadiでTxakoli(チャコリ)とワインと美味しいもの | main | ボルドー&バスク(8)サンジャンドリュズでショッピング!&マルシェも忘れずに >>
2011.07.29 Friday

ボルドー&バスク(7)Piments d'Espelette(ピマン・エスプレット)、マルシェとショッピング

7月6日水曜日 曇りです。今までの快晴はどこへやら、ちょっと雲が多い朝。
途中雨が降るかも、という予報(Meteo France)です。

朝食を終えて駐車場に行ったダンナ様が、「広場でマルシェやっているよ!」と
教えてくれました。
これはぜひとも行かなくては・・・。
フランスではあちこちで毎日または曜日を決めてマルシェが開かれます。
マルシェはその土地のものを気軽に試して買うチャンスなので
行った先で開催されていたら必ず訪れることにしています。
さてこの朝の戦利品はいかに・・・?!
しかし、この後に行くサンジャンドリュズでも常設マルシェに行く予定なので
買いすぎないように気をつけなくちゃ・・・!!

バスク風のプリントのお店。
あまりのキュートさに買っちゃいました。3,4枚まとめて買ったらおまけも
してくれましたよ!



村の集会所みたいな建物に入ると地元特産品がたくさん!!
まずはエスプレット唐辛子です。
 
オイルや赤ピーマンの酢漬け、オイル漬け。
右から2番目のしし唐みたいなものを酢漬けしたものはお酒のおつまみにピッタリですよ。

ついに見つけたー。乾燥唐辛子の飾り。前回は(同じシーズンだったはずだけど)
季節外れとのことで見つからなかったもの。
早速購入してタッパーにいれて持ち帰ることに。

チーズ農家の陽気なお兄ちゃん達。
差し出された試食の一切れも巨大でした・・・
この辺りはBrebis(ブルビ)という羊のチーズの産地です。
彼らはお店は持たず、毎日各地のマルシェを回っているそう。
それにしても1圓△燭3000円ちょっととは地元ならではのお値段です。

↓ こちらはソシソン・ベレというベレー帽をかたどったサラミ。
ベレー帽はバスク生まれです。なんだかかわいらしいですね。
今までベレ・バスクというチョコレートのお菓子しか知らなかったので、
サラミもベレー型なんだ〜と驚きました。

エスプレットの目抜き通り!


こちらはBSの旅の番組「トラベリックス」にも登場したエスプレット唐辛子の
生産者直売店です。
TV見たよーと言ったらお店の人も喜んでいました!

↑ ちょっとわかりづらいですが、唐辛子の畑のサイン。
2000年にAOC(原産地呼称統制)を取得したこと、今やグラン・シェフからも
高い評価を得ていることなどが書かれてます。


バスクならではの光景。
広大な牧草地でのんびりと草を食む羊さんたちです。
ストレス無さそうだなぁ〜〜。
思わず走り寄ってごろんとしたくなりますね。

さてこれよりのどかな村々を抜けて、サンジャンドリュズに向かいます。