小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< Non-sugarのきんぴら・鯖の赤ワインソースなどご飯にもワインにも合う和フレンチレッスン開催しました! | main | 1月22日(日)1100-1230 日本橋三越「はじまりのカフェ」にて「バスク料理でおうちバル!」講座開催のお知らせ >>
2016.11.29 Tuesday

藤野真紀子先生のBAKINGクラスに参加

お菓子研究家の友人のご紹介で、藤野真紀子先生のBAKINGクラスに参加しました。
いつもおしゃれでセンスの良さが際立っている先生ご本人とお菓子。

ご著書も持っておりまして、素敵なデコレーションだなぁ〜〜とうっとり。

実はいつか作ってみたい!というケーキもいくつかあります。

(いつか・・・ではなく年末にでもTryしようかな。)

 

藤野先生のクラスは、半年とか長い期間ではなく

一回ずつの申込ができるそうで、とてもありがたいです。

 

今回教えて頂いたのは次の3品!

ガトー・ブルトン

(プラムのコンポート)

トルタ・デル・ビスコット(クッキーケーキ)

チョコレートロールケーキ


シンプルなデコレーションながら美しい!!

いや、シンプルだからこそ美しさが際立つのですね。

実際に、作業工程の一つ一つがとても丁寧でした。

自分は日頃ここまできちんとできているかしら、と反省。


秋らしいお皿に載せられた焼き菓子2品と、

シンプルなカトラリー。

カトラリー柄のランチョンマットに素敵な厚手のナプキン。

ロールケーキは巻きが命!

ベースの生地も、クリームも試行錯誤のうえで出来たものだそう。

シルバーのティーポットからも風格が感じられます。


写真を撮っている友人のスマートフォンをパチリ。

お気に入りのショットです。

 

初めての参加でかなり緊張していましたが、友人と一緒だったので楽しく終了。

色々な先生に教わることで、その先生のお菓子の哲学を識る事になると思います。

作業する姿や作業の場がきちんとしていないと美味しいものは作れないというシンプルな事も再認識。

 

大好きなブルターニュのお菓子、ガトー・ブルトンが

自家製プラムコンポート入りでいつもの何倍も美味しくなることも嬉しい発見。

北風の寒い日でしたが、気持ちがほっこりした午後でした。

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック