小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< VivosmartJ HR+体験付きレッスン「楽しく歩いて美味しく食す」開催しました! | main | コンテチーズセミナー@自由が丘イオンリカーに参加しました >>
2016.11.07 Monday

メゾン・モンス社チーズセミナー「チーズの個性と可能性を知る」

先日カイハウスさんで開催された料理家向けのチーズセミナーに参加しました。

昨年は予定が合わず伺えなかったので今回はぜひとも!と楽しみにしていたセミナーです。

まずは、モンス社のローラン・モンス氏の熱いチーズへの想いがひしひしと伝わってくるプレゼンテーションから。

スクリーンに映し出されるチーズ工房、各種のチーズ、そして何より大事なチーズを作る環境であるフランス各地の風景や可愛い動物達を見ていると、自然の恵みを最大限活かしきって作られることが実感としてわかります。

さらに、モンス社のような「熟成」を手がける会社・人の手によってチーズが完成していくのですね。

 

5年前チーズ・プロフェッショナル受検の際に一生懸命勉強した事が、試験の為だけでなく今でも頭に入っていた事にもびっくり。

細かい数字などは忘れている事が多いですが、プレゼン中はフランス語を聴きながら内容を確認するのがなんだかとても楽しく感じられました。

その後は3タイプx2種のチーズの試食とチーズ料理3品をワインと共に出して頂きました。

同じテーブルの料理家のみなさまと、美味しい〜これとこれ合う〜などおしゃべりしながら楽しいひと時。

自分の中でのこの日の一番は、ボジョレーで作られる青カビタイプのチーズ。

そのチーズは一カ所でしか作られていないのだとか。

そんな希少で美味しいチーズと出逢えた事に感謝です。

 

ローラン・モンス氏とお話させて頂く事が出来て感激。

リヨンに行った際には必ず訪れるリヨンの胃袋を支える「レアール・ポール・ボキューズ市場」にはモンス社のショップがあります。

本社はロアンヌにあるのだとか。

ロアンヌと言えば有名なのは3つ星トロワグロ!

実はリヨンは私にとって「住みたい街ナンバーワン」

こじんまりした美食の都、ブルゴーニュにも南仏にも、山岳地帯にもアクセスが良い。

何よりも街中に美味しいものが溢れている街です。

 

リヨン贔屓で盛り上がり、なんだかワクワクしてきました。

次回リヨンを訪れる際には、モンス社にも訪問させて頂けそうで楽しみ!

 

いつまでも暑かった夏と秋も一段落、これからはチーズがより美味しく感じられる季節です。

美味しいチーズを思いっきり食べたい、なんてお声もありますので年明けには久しぶりにチーズを味わう会を開催しようと計画中です。

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック