小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< Elle a table オンライン旬の食材カレンダー「ハロウィン・パンプキン」レシピ掲載されています | main | カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ >>
2016.10.29 Saturday

ワインxフードペアリングレッスン開催しました(10/23&24)

10月23日と24日の両日、以前から温めていた企画のひとつ「ワインテイスティングxフードのペアリングレッスン」を開催しました。

ワインだけの試飲でも、料理の試食だけでもなく、料理ごとにワインを一杯ずつでもなく、「ワイン4種類と食材4種&料理4種をそれぞれ全て合わせてみよう!」という欲張りかつ楽しい試みです。

初回の今回は、まず白ワイン4種、フランスワイン3種と日本ワイン1種をチョイスしました。

内訳は、ロワールのミュスカデ、ボルドーの白(ソーヴィニヨンブラン)、ロワールのサンセール(ソーヴィニヨンブラン)、山梨の甲州です。どれも普段気軽に飲めて和洋どちらでも合わせやすいもの。

食材は、りんごとチコリ、あさり、マッシュルーム、鶏肉。

こちらを切っただけ、加熱したもの、ソースで和えたもの、などスタイルを変えてお出ししました。

料理は、チーズ2種、あさりのワイン蒸し、マッシュルームサラダ、チコリのブレゼ、カリフラワーのグラタン、レモンチキン、ヤリイカのソテー(または帆立)、生ベーコンときのこのパスタ。

多すぎ?!いや何せ、飲むとお腹空くし、食べるとまた飲みたいしですからね。

ワインの第一印象はほぼ予想通りでしたが、フードペアリングを体験頂くと、変わります。

ワイン単独で飲んだ時と食材料理を合わせたときでは味わいががらりと変わるワインも。

そして相性今ひとつと思ったけれど、何かをちょい足しすることですぅっと合うものも。

皆さんからの楽しい!面白い!発見がいっぱいありました!とのご感想が何より嬉しい。

思えば私自身ワインの勉強もこのテイスティングから始まりました。

ボルドー大学のメソッドを取入れたワインスクールで、初回からわからないなりに一生懸命テイスティングコメントを書きながら学んだ事、数々のワインを試飲したことが知らず知らず蓄積されて、今思い掛けず役立っているなぁ。

一度に100本飲んでもなかなか覚えられるものではないので、これはやはり経験=財産。

 

食中酒としてのワインの役割をもっと知って頂きたい!との熱〜い思いを胸に、これからもフードペアリングレッスンを続けて行きたいと思います。

 

早くも次回はいつですか?との嬉しいお問い合わせも多く頂いており、2017年1月に赤ワインの回を開催しようと思います。

その後もフランスワインを中心に継続する予定です。

ご興味ある方、ぜひホームページ&ブログをチェックして下さいね。

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック