小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< フロマージュ講座覚え書き (4) | main | ビストロ天下井 @荻窪 >>
2011.05.09 Monday

野菜たっぷり糖質少な目 ある日の食卓

レストラン記事やチーズのこと書いていると毎日高カロリー高糖質な食事ばかりのようですが
出かけない日はお家でたっぷりと野菜を頂くのが習慣。
最近食べ過ぎてるなーと思ったら、半日ぐらい食事をしないで内臓を休ませてあげることも
私にとっては大切。
ここぞ!と言う時には好きなものをたっぷり食べたいから。

糖質少な目、糖質制限については別途書くつもりですが
食事は、食べる順番や調理方法によってかなり差がつくことがあります。
基本は味の薄いもの→濃いものへ、
生野菜・茹で野菜→植物性タンパク質(お豆腐など)→動物性タンパク質(魚・肉)
食事の初めに温かいスープものも有効!
脂肪を使わず野菜だけを煮込んだスープ、お味噌汁などが良いようですよ。



こちらのお野菜、ソラマメ以外は連休中帰省した広島の某道の駅にて購入しました。
左は今が旬の山菜のコゴミ。右は茎が細い菜の花、細身のスナップエンドウ、
ソラマメ。このほかに絹さやも。



コゴミはさっと塩ゆでしてからすり鉢ですった黒ゴマをたっぷりと和えて。

味付けはほんの一つまみの粗糖、塩、お醤油で控えめに。
黒ゴマの風味が引き立ちます。



ソラマメの一番好きな食べ方は、「じっくり焼き」。
さやから出して皮をむいたソラマメを生のまま、オリーブオイルを薄く敷いた弱火のフライパンでゆっくりと火を通します。
仕上げに美味しい塩をぱらっとこれも控えめに振って。
ほどよく水分が抜けてほくほくした美味しさはビールのおつまみにピッタリ!ただし食べ過ぎには注意。

続いては絹さやともやし、ベーコン炒め。
料理と言えないぐらい簡単ですが美味しいのです。
土曜日の「食彩の王国:絹さや」で絹さや農家さんのご飯が紹介されてた中に出てきたもの。
硬めに下ゆでした絹さやのしゃきしゃきとした食感がアクセント。
もやし好きの我が家の定番になりそうです。


菜の花はフライパンで焼いてから塩少々と水を振り入れて蒸し焼きし、簡単焼きびたし風に。
あくがほとんどない柔らかい茎はさくさくしていくらでも食べられます!
頂くときにかつお節を少しだけかけてみました。

スナップエンドウは軽く下ゆでしてからあさりのワイン蒸しと併せて。
あさりは少量の白ワインで蒸し煮してスナップエンドウを加えたらお醤油をひとたらしとオリーブオイルを回しかけるだけ。
春は貝類が美味しい季節。こぶりですがぷりぷりと身が詰まっています。




この日は他に新玉ねぎをたっぷり炒めて焼きこんだオムレツ、
旬の白エビをオーブンでさっと焼いたものなど。
気付くとどれもお酒に合うものばかり・・・。まぁそれはいつものことなのですが。。。
オーガニックの白ワインに合わせてたっぷりといただきました♪