小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< ATS-FOOD様とのコラボレーション〜シンプル簡単おもてなしタパスセミナー開催しました | main | 高知の食材xワインPart II 〜鹿肉のフライパンロースト&清水サバのミキュイ空揚げ〜 >>
2016.06.08 Wednesday

漢方お話会xフレンチ薬膳料理レッスン「梅雨から夏の食養生とむくみ」開催しました

梅雨間近の6月1日と4日に、漢方お話会xフレンチ薬膳のコラボレッスンを開催しました。
テーマは、徐々に湿度を感じ始めるこの時期に合わせて「むくみ」
そして、梅雨から夏の時期の食養生!


コラボのお相手は、”薬を売らない薬剤師”藤巻祥乃さん。
祥乃さんとは、昨年西洋占星術講座で半年間ご一緒したのがご縁。
理系らしい理路整然としたハード面と感覚を大切にするソフト面を
併せ持つステキな方です。

何よりも共感したのが、”薬に頼らず、生活習慣と食生活を大切に”という彼女のポリシー。
そこで漢方・薬膳についての、より「医薬寄り」なお話と
食材の知識や美味しいレシピ作りのお話と料理デモンストレーション&試食を
かけあわせることで、ぐっと理解を深められそう!と感じたのです。
自画自賛のようですみませんが、思った通りの展開になったようで、嬉しい限り。



さて、当日のメニューです。
「健脾利湿」(胃腸をいたわり、湿を出すこと)を軸に、
熱を冷ましたり、体内の水分を補給したり、エネルギーを補充するのに
役立つ素材を使ってレシピを考えました。

* メロンのガスパチョ
* スモークサーモンとアボカドのタルタル、きゅうりのサワーソース
* トウモロコシと蟹のガレット、レモン風味
* グリルチキン、そら豆と夏野菜のスパイシートマトソース
* 小豆と豆乳のテリーヌ、カカオソース

手が込んでいるように見えて、実は思い立ったらさっと出来るものばかり。
レッスンの翌日に早速作って下さった方もいらして感激です。
もちろん下準備の際のコツとか、他のお料理へのバリエーションなど
ちょっとした使える技?もレッスン中にたっぷりとお伝えしています。




食生活と同じ位大事なのが生活習慣。
日々の軽い運動はリフレッシュになるし動かないよりは動いた方が良いのはわかっているのですが・・・
毎日の忙しい生活のなか、100%完璧に過ごして行くのはまず無理だし
ましてや長年の習慣を突然変えるのは至難の業・・・。
そんな私(達)への朗報!
毎日のことを少しずつでも変えるには1%で良いのだそうですよ。
つまり今している事を1%増やすor減らすだけ。
それなら私にも出来そう、と思いませんか?!

さらに大事な事は「楽しくない事は無理にやらない」。
私は、決して運動が嫌いな訳ではないのですが
スポーツジムなどに通うのが苦手。

普段料理の試作や事務的なお仕事でこもりがちなので
なるべく「歩く」ことを心がけています。
お買い物に行くとあちこち歩き回りますがこれも立派な運動。
2階建ての家に住んでいるおかげで毎日かなりの階段昇降というおまけ付き♪
こんな事で良いのよ、って言われるとすーっと気がラクになります。
そしてこの「気がラクになる」のが大事なことなんですね。

今回のコラボは、打ち合わせ段階でお話がとても盛り上がり
これもやろう、あれもやろうとアイディアが湧いてきました。
そんな時はレシピもすっと浮かび試作もサクサク進みます。
ああ、「好きで楽しい事」やっているんだなぁと感じる瞬間が何度も。

相手を信頼し、お互いの得意を任せあってのコラボレッスンは、
わたしたち二人にもそれぞれ学び&学び直しの両面で成果がありました。
そして何よりも、ご参加くださった皆様に心からのお礼をお伝えしたいです。

嬉しいコトに、また開催してほしい!とのリクエストも頂き、
次回は9月1日(木)と3日(土)に「エイジングと美肌」のフレンチx薬膳料理&
「更年期と女性ホルモン」についてのお話をテーマに開催いたします。
少し先ですが、気になるわ〜という方どうぞご予定下さいませ。



 
この記事のトラックバックURL
トラックバック