小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< モリンガパウダーと山菜こごみの変わり胡麻和え | main | トリコロールキヌアと身近な発酵ベジでおしゃれなひと皿 >>
2016.05.09 Monday

春のフレンチとワインを楽しむ会@レストラン・タニ開催しました

もたもたしているうちに、少し時間が経ってしまいましたが
先日外苑前の「レストラン・タニ」さんにて
「春のフレンチとワインを楽しむ会」を開催しました。

そもそものきっかけは、タニさんにご一緒したい、
連れて行って下さい、というお声が沢山あったこと。
それじゃあまとめて皆さんを一度お連れしましょう!ということで
せっかくならばと会を設定しました。

予想を上回る総勢28名での会。
それはもう熱気ムンムン!どのテーブルも食べる、飲む、おしゃべりするが
うまーく廻っていた様子(笑)でほっと一安心。
いつもながら慌ただしくしていたわたしはせっかくのワインボトル写真を
撮り忘れると言う失態はありましたが、料理写真だけは全て忘れずに撮りました。


ロゼ・シャンパーニュとともに頂いた豪華なアミューズ。
カリフラワーのムースにホタルイカ!
さっくさくのパイも。

前菜その(1)
ぜひに!とお願いしたフォアグラのクレーム・キャラメル。
フォアグラが苦手な方も気に入るはず!の素晴らしい一皿。
通常大人数の会ではお出ししないそうですが、
どうしても味わって頂きたくて、敢えてお願いしました。
(一番食べたかったのはわたし自身なのですが・・・笑)

前菜その(2)春のお楽しみ、白アスパラガス
とろけるソースとご一緒に♪


お魚料理は、ヒラメのポシェ、ソース・アメリケーヌ
クラシックかつスタンダードなお皿ですが
谷シェフにかかると深いのに軽やかな味わい!



お肉料理は、豚肉料理盛り合わせで。
これまた通常なかなかお目にかかれないけれど
レストランのみならずシャルキュトリでも修行経験のある
谷シェフならではの逸品と思い、リクエスト。
豪快と繊細を一皿に盛りつけて。
赤ワインは王道ブルゴーニュからVolnayと、
上品系ラングドック、入手困難なDomaine Mas Julien。


締めくくりは清見オレンジのテリーヌ、和三盆のグラス
ひんやりした柑橘で興奮冷めやらぬダイニングも少し落ち着いたでしょうか?
飲み足りない方々はこの後別途食後酒タイムへ。

ご参加下さった皆様、渾身のお料理を作って下さった谷シェフ、
てきぱきとサービスくださった森様、鈴木様、ありがとうございました。
次回はジビエの季節に濃厚で深みのある赤ワインとともに楽しめたら嬉しいです。

レストランタニ
http://www.restaurant-tani.com

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック