小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< iPhone/iPadアプリにて「家族と食べたい!フランスバスクの美味しい家庭料理」upされました | main | 4月レッスンとイベントセミナーのご案内 >>
2016.03.21 Monday

ショコラdeイースターのレセプションに参加しました

一気に気温が上がって春めいた3連休初日に代官山T-SITEにて開催された
ショコラdeイースターのプレス向けレセプションにお招きいただき参加してきました。


36名のパティシエが、同じチョコレートの型を使って作り上げた
芸術作品のようなチョコレートが並ぶ様は壮観、そしてアートの世界。
主催は、チョコレートメーカーのフランス、ヴァローナ社。
新しい日本でのイースターの楽しみ方として提案されているそうです。

イースター時期にキリスト教と関係の深い国を訪れると
春を迎える喜びと色とりどりのお花、綺麗に色づけされたイースターエッグ、
イースターバニーなどが迎えてくれます。
日本ではまだ馴染みのうすい行事ですが、食いしん坊には嬉しいメニューが一杯です。


ショコラティエ・パレ・ドールの三枝シェフの作品です。
近いうちに清里のラボにもぜひ伺ってみたいものです!

決して広くない会場はパティシエの作品で埋め尽くされていました。
ヴァローナ・ジャポンの支社長もいらっしゃっていたので
しっかりと記念撮影もさせていただきました♪

ちょうど次回渡仏時にリヨンとローヌにも立ち寄る予定にしているので
そのお話もさせて頂きました。
前回ローヌを訪れた際にはまだ出来ていなかったCite du Chocolatに
伺うのが楽しみ!


そして今回のレセプションの間サービスされたフィンガーフードの美味しかったこと!
一口サイズのタルト、オマールの入ったフラン、ミニローストビーフにチョコレートソース、
もちろんデセール系も何種類か。
見目麗しくお味も最高なフードのおかげでシャンパーニュが進み、
お代わりを沢山頂いてしまいました〜。

今回友人の料理家さんからのご縁で企画に参加させていただくこととなり
3月中のレッスンではショコラdeイースターにちなんだチョコレートのお菓子をご紹介しています。

これがまた作るほどに今度はこうしよう、ああしたい、とアイディアが出て来て
早くも次回が待ち遠しいほどに!(笑)
イースター=美味しいものが沢山とインプット頂ければ嬉しいです。
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック