小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 2月のお料理レッスン〜自家製仔羊ソーセージのクスクスと野菜料理2品〜 | main | ディテールにこだわった極上フレンチ@レストランセン >>
2016.02.20 Saturday

丸の内バルザックで立春新年会

今さら新年会?!と言うタイトルで失礼します。
新年と言っても一年の始まりは定義によって様々。。。
1月1日は既にずいぶん前のことですが、気学など東洋の暦では2月3日の立春から
一年が始まるとされています。
ちなみに西洋占星術では、春分の日が一年の始まりなのですね。
今回は立春直前の新年会でした。

うかがったお店は、丸の内のメゾン・バルザック(2階)です。
ボルドーの2つ星レストランなどで修行された佐野シェフは
フランス郷土料理もお得意!
今回はワガママ言ってコースに地方色のある一皿を組み込んでいただきました。


新玉ねぎのブランマンジェ、凍み大根ととんぶり添え
フレッシュトマトのクーリ
トマトの爽やかな酸味と新玉ねぎの甘味が食欲up!
ボランジェが進みます〜。

大好きなパテ・アン・クルートはフォアグラ入り。
レストランで頂きたい料理の筆頭のひとつ。
奥に見える豪快なサラダにも注目!!
ただのサラダではありません〜。
なんと、イカニンジン、根セロリ、葉野菜。
もりもり食べてしまいます。


本日の郷土料理は、リヨンのクネル。
魚介のふわふわつみれのなかにはオマール海老が隠れています。
ソースはアメリケーヌ。


メイン登場!

ガルニチュールはアリゴ!!
シェフ自らテーブル横で練り練りびよーーんと伸ばして下さいました。
アリゴはオーヴェルニュ地方のチーズ料理。
じゃがいもとカンタルチーズを混ぜたもの。


レストランでの一皿はこんな感じに〜。
仔羊はロゼ色に焼かれてジュとともに。
そしてこの日のCoup de Coeur(お気に入り!)は、(恐らく
4名全員一致で)さりげなく添えられた「山菜あさつきのソテー」
さっとゆでて酢みそ和えにでもしましょうか、とやりがちなものが焼いてある!
全く自分では思いつかないものでした。
全員でううーーんとうなり味わい、早速明日自宅で作っちゃおう、と。
こんな事があるからやはりレストラン大好き!!

いちごのデセール。
フレッシュクリーム、アイスクリーム、いちごのスライスに
ドライいちごにメレンゲ、そしてソース。
とても上品にまとまって締めくくりにピッタリでした。


ワインはボーヌプルミエ・クリュ"Les Avaux"
ヴィンテージはたしか1999年。
想像よりも若々しさの残るしっかりとした味わいで
この日の気分にぴったりと寄り添ってくれました。

メゾン・バルザックの1階はカジュアルなビストロスタイル。
カスベ(エイ)のソテーやパテ・カン、ムール・マリニエールなんか
つまみながらワインをぐいっと頂けます。
普段使いにはこちらもオススメ。

千代田区丸の内2−5−2
http://www.impec-barsac.com/


 
この記事のトラックバックURL
トラックバック