小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 春のフレンチx薬膳レッスン開催しました | main | 恒例チョコレートレッスン開催しました >>
2016.02.14 Sunday

Bean to Bar「ダンデライオンチョコレート」がサンフランシスコから上陸

数年前から話題のビーントゥバー。
カカオ豆(bean)からチョコレート(bar)までを一貫して手がけたチョコレートの事です。

欧米では既に沢山のメーカーやショコラティエが手がけていましたが、
日本でも昨年頃から頻繁に雑誌等でも見かけるようになりました。
あるチョコレート関係者によると今年は「ビーントゥバー元年」なんだとか。

そんなチョコレートメーカーのひとつ、サンフランシスコで大人気の
「ダンデライオンチョコレート」が2月11日に蔵前にオープン!

2月9日のプレオープンにご招待いただき、喜々として伺ってきました。
「ファクトリー&カフェ」という名の通り、チョコレートを作る工程が見られます。

こちらのチョコレートの特徴は、乳製品を使わず
上質のカカオとお砂糖で作られている点。
私の好きな某社のチョコレートも乳化剤不使用でさっくりした味わいでしたし
やはりカカオそのものの美味しさや豆の違いを味わうには
加えるものを最小限にするのが良いのかもしれません。

置いてあるお菓子やチョコレートを使った飲み物も
勿論全て自社チョコレートを使ったもの。
飲み物のメニューも豊富で一つに決めるのに迷ってしまいます。
結局はチョコレートケーキタイプのこちらを。
さっくりしたビスケット生地に柔らかいキャラメルと
チョコレートが2層に。
表面にぱらりと振られたお塩が味の引き締め役です。


実はこちらの会社に友人がお勤めしております。
ワインと食を一緒に楽しむ仲間の1人である彼女がキャリアチェンジを決心して、
留学に旅立ち、帰国後に巡り合った職場。
個人的にもとても応援したい気持ちでいっぱいです。


プレスの方々も多く来場されており、ごった返す店内でしたが
スタッフの皆さんの笑顔でのサービスはさすが!
忙しく立ち回る友人とも少し話ができて良かった〜。
キラキラ輝いていました!


3月以降、「チョコレートの工程を学べるクラス」なども
始まるようです。
少し落ち着いた頃にゆっくりお邪魔してみたいな。

Dandelion Chocolate Factory & Cafe
台東区蔵前4-14-6
http://www.dandelionchocolate.jp/
この記事のトラックバックURL
トラックバック