小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< エルアターブル別冊に掲載頂きました | main | Bean to Bar「ダンデライオンチョコレート」がサンフランシスコから上陸 >>
2016.02.09 Tuesday

春のフレンチx薬膳レッスン開催しました

2月3日節分の日に、春に向けてのフレンチx薬膳グループレッスンを開催しました。
日頃から薬膳に興味のある・習っていらっしゃる素敵なメンバー6名様。
今回は初めましての方も含めてまたまたちょっぴりマニアな話題で盛り上がりました。

春の養生ポイント「肝」をテーマに。
また「肝」は「目」と繋がっていると言われます。
春の食材を使って肝を養い、イライラや目の疲れを緩和してくれるような
メニューをフレンチで表現してみました。

春のフレンチx薬膳メニュー
*あさりとサフランのスープ
*春野菜のキッシュ
*イカとセロリの香味サラダ
*鶏肉のバロティーヌ、わさびマスタードソース
*いちごのスープ
ワイン:フランス、コートデュローヌ地方のヴィオニエ種の白ワイン


今回のサブテーマは「香り」です。
爽やかで青々しい、甘酸っぱい、ちょっとクセがあって刺激的。
そんな香りをアクセントに心地よく感じられるお料理に展開しています。
これもまたそれぞれのお皿を美味しく頂く秘訣。

スープとキッシュを盛り合わせて。
あさりはワイン蒸しにしてからスープに仕立てます。

キッシュの焼き上がりはこんな感じ。
お野菜たっぷりです。

メインは鶏もも肉のバロティーヌ。
下味を付けたもも肉でフランス産セップ茸とキクラゲを巻き巻き。
付け合わせには春野菜の菜の花を。


デザートはいちごのスープ。
甘酸っぱいいちごに赤ワインとスパイス、バラのシロップとミントを。

こちらはせっかくのヘルシーな食事に合わせたくて
急遽スペルト小麦でパンを焼いてみました。
スペルト小麦は小麦の原種に近く古代小麦とも呼ばれています。
グルテンが少なめで食後に血糖値が上がりにくい!と嬉しい食材。
素朴な味わいを活かして簡単なフォカッチャに。
好評だったので次回はお土産分も焼かなくちゃ。

ワインのボトルの写真を撮り忘れていましたが、ヴィオニエ100%の香り高い
白ワインは春のお食事にピッタリでした。

ご参加下さったみなさまありがとうございました。

フレンチx薬膳レッスンは不定期開催しています。
ご興味ある方はメール(basque823★gmail.com -> ★を@に変えてお送りください。)
もしくはホームページのお問い合わせからご連絡くださいませ。

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック