小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 12月のお料理レッスン、ゆり根の三段活用と仔羊パイ包みを開催しました | main | 2015年のビュッシュ・ド・ノエルはホワイトクリスマスをイメージして >>
2015.12.23 Wednesday

本場に負けないタルト・フランベ@代官山コテフー

わたしの考える、「簡単そうに見えておウチではなかなか美味しく作れない料理」の代表、タルト・フランベ。
アルザスの郷土料理で、pizza似。薄く伸ばした生地にフロマージュブランという熟成させないチーズを塗り、具材を並べて焼き上げる。具材の基本は玉ねぎとベーコン。
と、いたってシンプルだけど、高温でさっと焼き上げるのは難しい〜。

だから食べたくなると外食に限る!のですが、そんな時に伺うのが、コテフーさん。
オーナーシェフの林さんはアルザスのレストランやワイナリーでの修業経験もあり、ここに来るとアルザスの美味をたっぷり味わえます。

先週はフランス語講座アルザス編の最終回を終えての打ち上げ&忘年会にやって来ました。毎回講座ではおやつを用意していますが、この日はテキストにも書いたクグロフをお持ち帰りでご用意。


さて、ディナー。ワインはもちろんアルザス一色!
(ワインリストはフランス全土の素晴らしいラインナップです!)
タルト・フランベは、ベーコンと玉ねぎのナチュール、マンステールチーズにクミン添え、ハーブサラダに牛ローストッピング、窯焼き野菜…締めはリンゴとカルヴァドス!



今回の出色はハーブサラダ&牛ロース。
実は今まで敢えて牛ロース食べなくてもと思っていたけど、いや〜美味しい!
多分パンやごはんでなく、タルト・フランベ生地と頂く事でよりお肉がおいしく感じられて
独り占めしたいくらい気に入りました。笑



ワインを4人で約4本。6時にスタートしてあっという間に11時半…。
楽しいと夜の更けるのも早いですね!
楽しいお仲間との食事とワイン、ハードスケジュールの年末への活力になりました。

コテフー
渋谷区鶯谷町8-10
03-3461-2024

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック