小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< ワインと楽しむアメリカンポークセミナーに参加しました | main | サミットストアx料理教室「美味しい秋レシピ」by Kai Houseに掲載頂きました >>
2015.09.28 Monday

豆腐に初の推奨マーク〜全豆連の記者発表会のお手伝いに伺いました

〜「豆腐」に日本初の推奨制度 〜 

本日行われた一般財団法人全国豆腐連合会(全豆連)さんの記者発表会。
豆腐マイスター・認定講師としてお手伝いに伺って参りました。

日本で初めての豆腐の推奨マークについての説明と第一号認定のお豆腐2点のお披露目&試食会。
推奨マークは原料・製造はもとよりお味の点でも基準をクリア したお豆腐に付与されるもので
安心・安全はもちろんのこと、味の点でも審査があるのが新しい点。
食品ですから味の好みはあるものの、こだわりの原料を使ってきちんと作ったものと
安売りのみされているものとではやはり違いはあるはず。



多くのメディア、お豆腐関係者がお集りの中、豆腐マイスター講座では座学講師として活躍の
まめちゃんこと工藤詩織さんが堂々と司会を務めました。

今回推奨マーク第一号となったそのお豆腐は、全農ブランドプレミアムの絹豆腐と木綿豆腐。
試食はそれぞれ冷奴と湯豆腐が出されました。



原材料は、大豆は北海道産ユキホマレ、大島の海精にがり、 淡路島の藻塩、日本の名水にも選ばれた京都伏見の伏流水。
豆腐は酒と同じで水も大事!ですよね。



お豆腐は絹、木綿どちらも豆の味がしっかり感じられて塩や醤油無しで美味しい。
特に湯豆腐にすると豆の甘味がぐっと引き立ったのが 印象的でした。

発表会での質疑応答の中では、豆腐製造についての苦労や工夫された点、
また工夫をしたことで得られた良い結果等のお話も伺う事ができました。
豆腐マイスターの勉強をする前だったらそこまで興味もなく理解できなかったかもしれないお話。
これがすぅっと入って来て、しかも楽しい。

ご来場されたメディア関係者の中にはNHK首都圏ネットワークの方もいらっしゃり
早速今夕ニュースで取り上げられました。
これを機会に美味しいお豆腐のこと、こだわりをもって作っているお豆腐屋さんがクローズアップされればさらに嬉しいことです。



おまけ:会場となった上野東天紅さんから不忍池の眺め。
お天気に恵まれたことも幸運!
 

この記事のトラックバックURL
トラックバック