小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< ドゥバイにて・・・ Al Maha Resortでキャメル・ライディング | main | Comme a la maison (コム・ア・ラ・メゾン)でフランス南西部の美味を食す >>
2011.04.21 Thursday

ドゥバイにて・・・ Al Maha Resortにて早朝の鷹匠体験!(そして帰国)

キャメルライディングの後、日没を迎えると砂漠は一気に冷え込み、
「夏の夕べを楽しんでいたら晩秋になった」ような気温変化を見せました。
満天の星空を満喫してぐっすり寝たものの朝はかなり早起きして2つ目のアクティビティへ。

7時前でまだ日が昇っていません。
ホテルのメインビルディングを出て砂漠へと向うと、
鷹くんたちもおとなしく出番待ち。
革の目隠しをされております。
鷹はとても繊細なので余計な物を視界に入れないよう集中させているんだとか。
そして元々ロシアや中央アジアに生息する鷹くんたちの苦手は
「暑さ」ということで、宿舎は冷暖房完備で温度調節は完璧だそうです。


長い紐の先に獲物をつけて振りまわしそれを鷹が狙いを定めて取りにいくのですが
まさに目にも留まらぬ速さ!


後で鹿皮の厚い手袋に止まらせて「鷹を飼いならしている風」
体験をさせてくれます。



この子は芸達者で人懐っこいオスカーくん。
指示された場所以外にも勝手に飛び回って観覧席にやってきました。


凛々しい中にもちょっとオトボケ味のある顔ですね。
早朝からの勤務お疲れ様でした!


アクティビティを終えて朝食、そして出発の準備です。
せっかくスパがあるので飛行機に乗る前にボディケアをと
リフレクソロジーを予約しました。
残念ながらスパルームの写真はないのですが、
予約時間の30分前には来てくださいと言われ行ってみると
まずはドライフルーツとお茶のサービス。
施術が終わってからもゆっくり寛いで、とフルーツやお茶を出してくれます。
確かにマッサージ等受けた後は慌てて動き回らず水分を取ってゆったり
しているほうが良いのですよね。



出発前にロビーにて。
丁度午後のアクティビティに皆が出発してがらーんとしています。
ロビー脇にはお茶を頂けるスペースも。


砂漠の夕日を見ながらアブダビ空港へ。


おまけ:これはエティハド航空の機内食の一部です。
左奥のパンは冷めないように布にくるんであって感激。
中身はシリアルパンで温かくて香ばしくて美味しかった。



考えてみるといわゆる洋食はAl Mahaで頂いたものと
この機内食ぐらいでしたね。
それだけアラブの食事はバラエティ豊富で魅力的!
またいつか訪れる日があるといいなぁ。。。