小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリの旅と美味しいもの(1)Racinesでのランチ@Paris | main | パリの旅と美味しいもの(4)ラ・パティスリー・デ・レーヴのサロン・ド・テ >>
2015.07.27 Monday

パリの旅と美味しいもの(3)Sebastien Gaudardのサロン・ド・テ

スィーツ好きには有名なSebastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)。
9区のマルティール通りが一号店ですが、
1区サントノーレ通りからちょっと入ったところに2号店が出来て
しかもサロン・ド・テが併設されているので寄ってみました。

この日は朝から慌ただしくて、朝食にオレンジジュース飲んだきり。
(暑いので、もちろんお水は飲んでいましたが)
ディナーの予定もあったので、3時ごろランチ兼用でスイーツ食べる事に。
空腹にスイーツどっさり!だと血糖値大丈夫か?って感じですが、
若干曇り空で気温が低めに感じられたスイーツ日和?だったので、これはGOかな、と。
とりあえず、まずは紅茶をぐっと飲み干しました。


1階にショーケースがあり、emporter(テイクアウト)はこちらで。
サロン・ド・テは2階です。見本持って来てくれると思うけど
1階でじっくり見て選びました。
エクレアはやはり試したいのと、チョコレート系が食べたくて。
美味しゅうございました!
奥のケーキは名前忘れましたが、お店のスタッフのおすすめで、
シュクセ生地にナッツのクリームが挟んであるクラシックなお菓子。
バタークリーム系ですが軽めに仕上がっていて小ぶりだったのでマル。
マカロンはキャラメルとピスターシュ。
どちらもクリームが美味しいー。

飲み物のメニューはこちら。かなり豊富です。
私の他はアジア系女性2人組がいるだけで静か〜な午後でした。

マカロンは日本で焼くのは湿度との戦い。
よってわたしの場合、夏に作る事はまずありません。
大体9月後半から3月までの季節メニューと決めています。
フランスの乾燥具合ならば、暑くさえなければ夏でも充分できそうですね。
表面がさっくり、中がしっとり(ねっちりはしない)が理想です。


シックな店構え。そして店内も落ち着いた家具が配置されていました。
欲を言えば、食器がもうちょっとアンティーク、クラシカルなものだったら
良かったかな〜。
シンプルな白の食器ですがもうちょっと飾り気があったほうが
よりお菓子が引き立つように思いました;;

ともあれ、サントノーレ界隈のショッピングや美術館めぐりに疲れた時の
お茶休憩におすすめです。

Sebastien Gaudard
1 rue des Pyramides, 75001 Paris
月曜日がお休みで、土日祝日オープンしているのは嬉しい。
しかも土日祝日はブランチもありだそうです。

マルティール通りはテイクアウトのみ。同じく月曜お休みです。
22 rue Martyrs, 75009 Paris
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック