小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリの旅と美味しいもの(2)Noglu グルテンフリーレストランとテイクアウト | main | パリの旅と美味しいもの(3)Sebastien Gaudardのサロン・ド・テ >>
2015.07.24 Friday

パリの旅と美味しいもの(1)Racinesでのランチ@Paris

猛暑、Canicule(カニキュール)に見舞われている今年のフランスですが
到着直後の6月半ばはさほどでもなく、朝夕ちょっと肌寒いぐらいの
いつもの初夏の気候でした。
その過ごしやすさったらもう最高〜。
飛び飛びに滞在したパリであじわった美味しいものを中心に
ご紹介していこうと思います。

今回のステイは珍しく6区を離れて9区と2区の境界あたり。
パッサージュという屋根付きの商店街?のような極めてパリらしい通りが
たくさんあるちょっと雑多で庶民的な雰囲気もあるエリアです。

ご近所のPassage des Panoramas(パッサージュ・デ・パノラマ)は
お店の7割ほどが飲食店というウキウキする通りです。
そのひとつ、自然派ワインと美味しい料理で評判のラシーヌさんへ。


お昼なのと、その日は移動日で夕方のフライトでボルドー経由バスクに
向かうためスッキリした白ワインを所望したところ
ヴェズレーの白が登場。

前菜のなすのお料理ともぴったり。
焼きなす風、ごまがちりばめられたりと、どことなく和を感じさせるお料理。

メインはお魚。スズキをしっとりと焼いて軽めのおソース。

お腹はわりあい一杯でしたが、やはりせっかくだからデザートも。
濃厚なフォンダンショコラにかるーーーいクリーム。

お料理、デザートともに自然派ワインに併せた重過ぎない仕上がりです。
お店に入ったのが12時過ぎでしたが、フランス人の昼食時間である12時30分を
過ぎるとあっという間に満席!
パッサージュの通路(道路)にセッティングされたテーブルはごった返すほどの活気でした。

それにしても、近隣の勤め人らしき方も多いですが
さすがフランス、みなワインを飲んでる!!

ちょっとレトロな雰囲気を味わいながらのゆったりランチにおすすめです。
小さなお店なので、夜は予約した方が安心かも!
ちなみに、ラシーヌとは「根っこ」の意味です。

Racines
8 Passage des Panoramas, 75002 Paris, フランス
Tel: 33 (0)1.40.13.06.41

おまけ:こちらがパッサージュの中。
ちなみに有名なPassage 53(日本人シェフ佐藤氏率いるミシュラン
2つ星レストラン)もこちらにあります。

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック