小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< エル・オンライン「食通のイチオシ」にて広島の調味料をご紹介しました(レシピ付き) | main | 西島木工所さんの「face two face」ボード >>
2015.02.26 Thursday

春の和菓子レッスン「関東風の桜もち」@和菓子Labo一陽

和洋中、ジャンル問わずスイーツ好きですが
自家製和菓子は自分としては敷居が高いなぁと思っていた分野。
時々小豆を煮ておぜんざいをつくる程度なのですが
今回待望の和菓子レッスンに参加してきました。

「御苑前せお」女将の陽子さん主宰の和菓子Labo一陽さん。
お題は春らしい関東風の桜もち。

関西では桜もちといえばぷちぷちもっちりの「道明寺」なので
実は東京に来て桜もちを最初に頂いた時は、あれっ?と思ったのでした。

今日おそわった桜もちは、生地から作って一枚一枚焼き、
陽子さんがご用意してくださった小豆こしあん、白あんを巻いて仕上げました。
そして市販の桜もちは時々皮がぱさついているものもありますが
さすがもちもちに仕上がりました。
いろんなお粉の配合と混ぜ方にヒミツがあるようです!

生地の半分は桜色に色づけ、半分は白いままで焼き上げて、あんこは好きなように。
白あんの半分には桜の葉の塩漬けをみじん切りにしたもの、
もう半分には桜の花の塩漬けを塩抜きしてみじん切りにしたものを混ぜました。

生地を焼くのはフライパンまたはホットプレートを使いますが、
うちにはホットプレートがないのでフライパンで練習♪
何枚か焼くうちに楽しくなってきました!

出来上がった桜もちは、桜の葉で包んでさらにビニールでくるんで
素敵なかごに入れてお持ち帰り♪

こんな感じにおもたせを作ったら楽しそう〜。
お粉セットも頂いて来たので、あんこは購入するとしてぜひ自宅でも
(忘れないうちに)復習として作ってみたいと思います。

一陽についてはこちらを↓
https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%80%E9%99%BD/939863949370702?fref=ts

 
この記事のトラックバックURL
トラックバック