小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 5月のお料理レッスンのご報告です<白身魚の王冠仕立てハーブソース、ウニのプリン、あさりとサフランのスープ> | main | 6月8日&15日「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」に出演いたします >>
2014.06.02 Monday

Dreamia Club『チーズ講習会 〜チーズ各種の熟成度を体験する〜』に参加しました

5月22日にDreamia Club主催、日本橋蛎殻町のアルカン様で開催された
『チーズ講習会 〜チーズ各種の熟成度を体験する〜』に参加してきました。

Dreamia Club様のイベントは毎回とても素敵なのですが
更に嬉しい事の1つはたいがい「ワインをご用意頂ける」事!(笑)
特に今回は、レストランに卸していらっしゃる「レクリューズ」さんの
チーズを熟成違いで頂ける素敵な企画&アルカンさんのワインと思わずニッコリの組み合わせでした。

一番目はブリー・ド・モー
ブリータイプのチーズは沢山売られていますが、やはり本場のブリー・ド・モーには敵いません。
熟成感のある右側がとても好みのタイプでした!

お次はコンテ。6ヶ月熟成と24ヶ月熟成。
24ヶ月はアミノ酸のじゃりっと言う結晶が所々にできていて、美味!
しっかりした白ワインが良く合いますね。地元だとジュラワイン。

シェーヴルチーズは、私の大好きな「セル・シュル・シェール」。
チーズプロフェッショナル試験講座で勉強中の頃、試食で頂いて
大ファンになった思い出のチーズです。
それまでは山羊乳チーズが若干苦手でしたが(獣臭くて・・・)
好きになってしまうと、ミルクのコクがたまらなく魅力的です。
少し熟成して硬めのものは今回初めて頂きました〜。

シェーヴルの一種。間にタイムが挟んであるのですが、
よーく見るとタイムにお花が咲いています!
南仏での晴れた休日にテラスで頂きたい・・・と妄想してしまいました。

続いて頂いたのは、青カビタイプの「フルム・ダンベール」
フルムとは古い言葉でチーズを指します。試験から年月が経っても好きな事、
印象に残った事は覚えているものですね。
こちらは青カビがとても元気で、チーズ本体もねっとりとした風味豊かなもので、
かなり気に入ってしまいました。
赤ワインでも甘口ワインでも行けます。

最後はブルゴーニュのウォッシュタイプ、「エポワス」
やはり綺麗に熟成させたタイプが秀逸。
中味は程よくとろりとクリーミー。
ツンとくる刺激も無く後を引く美味しさでした。
ウォッシュが苦手の方も好きになりそうです。


今回のセミナーでは、「レクリューズ」福原社長の楽しくもこだわりのお話を
カジュアルなスタイルで沢山聞かせて頂き、チーズの知識や味わいもリフレッシュできました。
レクリューズさんのお店のある東急吉祥寺店にはぜひとも近々行ってみたいと思います。
家庭では到底なしえない条件下(温度や湿度)でのプロの手がけたチーズは
一食(?)の価値ありです。

嬉しかったのは美味しいチーズを肴に、周りの料理家さん達とお話が弾んだ事!!
趣味のあいそうなお友達も出来て、次回は美味しいレストランでの再会を約束しました。
素敵な講座を企画して下さったDreamia Club様、レクリューズ様、アルカン様に改めて御礼申し上げます。