小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< お肉中心新年会@ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ | main | 2010年7月フランスの旅日記 その10 パリ〜毎日の食べ物 >>
2011.02.08 Tuesday

寒い日は煮込み料理で・・・

立春は過ぎましたが雪がちらついたり、かと思えば晴れてぽかぽかしたり
なんとも油断のならないお天気です。
3連休は雪か雨の予報で寒いお休みになりそうですね。

そんな時には身も心も温まる煮込み料理がオススメ。
煮込んでいる間も、出来上がったお料理を食べるときもほっこりと
優しい雰囲気に包まれます。
温かいものを口にしてからだの内側から温めて風邪知らずに!

我が家の冬の定番は、おでんやお鍋ももちろんですが、
洋風ではシューファルシ=ロールキャベツとポトフ。

普通のキャベツでも美味しいですが、煮込み専用のちりめんキャベツを使って作ります。



ちりめんの名の通り、葉の表面も裏もひだが多いのでまずは汚れを
しっかり洗い流しましょう。




お肉やたまねぎをいためたファルスを詰めて葉で巻き込んでじっくり煮込みます。
オーブンに入れてしまえば手間要らず。



こちらは骨付きの鶏もも肉を適度な大きさに捌いて野菜と一緒に煮込んだ
ポトフ。ねぎはぜひポワロー(リーキ)を使ってほしい。
断然味と風味が違います!


煮込み料理はメインと付け合せ野菜が一度に出来てお手軽。
後はたっぷりのサラダを添えて。
セルバチカはルッコラの原種。そのままでもアーティチョークや
赤ピーマンを添えても。
イタリアンパセリはみじん切りにしてタブレに。

今の時期は春先まで体調を崩しやすいもの。
スープや煮込みを上手に活用して乗り切りたいものですね。