小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< バスク偏愛講座番外編「南西・バスクの料理とワインを楽しむ会」開催のお知らせ | main | スペインバスクのシェフの料理講習会「世界一の魚介スープ」 >>
2013.05.04 Saturday

念願のコンディトライ・フェルダーシェフ@広島に行ってきました(2)

フェルダーシェフでは、今回いくつか生菓子を購入。
伊勢丹新宿店での催事では焼き菓子のみだったので、本店に行ったら
絶対に買いたい!と思っていたのです。


左端から時計回りに、ザッハトルテ、サワーチェリーのタルト、
フランクフルタークランツ、ローテンブルグ

ザッハトルテは隣国オーストリアのお菓子、ホテルザッハとインペリアルホテルが
有名ですね。こちらのザッハは甘さを押さえた味わいでした。
おとなりのローテンブルグはチョコレートのスポンジとチョコレートのクリームが
段々になっていてやや軽めでビターな味わい。


サワーチェリーのタルトは、私の大好きな組み合わせのキルシュクーヘン。
甘みがしっかりしたケーキ生地に酸味のかったチェリーがぎっしり
上はシュトロイゼルというそぼろ生地。


これはとても楽しみだったフランクフルタークランツ。
なかなか作っているお店を見かけないし、カット売りしているのが嬉しい。
ホールだと、大きなドーナツ状のケーキです。
柔らかいバターケーキを横4枚にスライス、間にバタークリームをはさみ
表面を薄くクリームで覆ってからプラリネをまぶしてあるという手の込んだもの。

いつか作ろうと思いつつそのままになっているお菓子のひとつ。
プラリネが溶けやすいので秋になったら作ってみましょう。(先の長い話ですが;;)