小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ&バスク通信その13 レストランケイでトリュフ堪能ランチ | main | パリ&バスク通信その15 パリの夜・・・Paris, la nuit >>
2013.02.12 Tuesday

パリ&バスク通信その14 北フランスからMeertのゴーフル

ゴーフル、ワッフル、読み方は違うけれど同じカテゴリー。
でも不思議と「ワッフル」と聞くと「ふわり柔らかい生地」のアメリカンタイプのお菓子を
「ゴーフル」と聞くと「硬めかりっとした生地」のベルギーやオランダの
お菓子を思い浮かべてしまいます。
音から受ける印象は食感に直結?!

さて、北フランスの町リールに本店を構えるMeertの支店が
パリはマレ地区にあり、日曜日も営業しています。
こちらのゴーフルが美味しいとの事で行ってみました。

じつはMeertのあるエルゼヴィール通りは昨年訪れた
コニャック・ジェイ美術館のある通り。
外観が素敵なお店!と思いつつ美術館訪問のあとは次の予定もあり
Meertに立ち寄らなかったのは、今思うと大失敗。
・・・とても美味しかったので。

こちらは普通サイズのゴーフル。中にクリームが挟まれてます。
常温で8日間はOKというのも嬉しい。
バニラクリームサンドはミニサイズもあります。


店構えもシックで素敵。窓枠の白いのは雪です!

ゴーフルはこんな素敵な箱に入ってきます。
私は右側のピスタチオクリームを買ってみました。
食べ応えもあり生地がしっとりしてボリュームもあり美味しい!!
以前オランダのお土産でいただいたゴーフルと似ていますが
違いは生地の甘さとクリームかな。

週末には焼き菓子やケーキも並びます。
日曜日にマレの美術館散策&ゴーフル、おすすめです。
ホームページもとても素敵でリールの本店に行きたくなりました♩

Meert
16 Rue Elzevir, 75003 Paris
http://www.meert.fr