小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< バスクブログ始めました!&2月19日(火)楽しく味わうバスク偏愛講座開催します♩ | main | パリ&バスク通信その14 北フランスからMeertのゴーフル >>
2013.02.09 Saturday

パリ&バスク通信その13 レストランケイでトリュフ堪能ランチ

出発までバタバタと慌ただしくて予約をしていなかったレストランKEI。
バスクに着いてから、ダメもとでお電話したら
なんとラッキーにも希望日にお席がとれました。
たまたまキャンセルが出たばかりだったそうで。

そんなわけで今回の旅の一番贅沢なランチ♩
昨年の事を思い返してみると、丁度ミシュラン発表のあたりで
1つ星獲得のニュースの日だったような…。
そして追加でトリュフ頂いた事も同時に思い出しました。

今年は、Composition Truffeというトリュフをふんだんに使った
コースがあるとのこと、思い切って贅沢一人ランチしてみました。



いつも思うのですが、フランスで頂くシャンパーニュやワインは
なぜこんなに美味しく感じるのか?!
長距離の旅をしていないから?やや乾いた空気感?それとも気のせい?

さ、お料理スタート!
ラングスティーヌ
トリュフのタルト
色とりどりお野菜とサーモン
フォアグラ
魚はサンピエール?だったかな。
お肉は牛フィレ、しっかりした肉質
フレッシュ・シェーヴル!!!
デセールいろいろ。

一部掲載してないものもあるので、デセール含めるとトータル10皿ぐらい。
皿数は多いけど、ちまちましてないし、何食べたか覚えてない!という感じにはならない。
そしてお腹はちきれんばかりなんだけど、翌日までもたれることもない。
あれだけしっかり食べているのにな〜と不思議!

さらには、日仏サービススタッフのさりげない心遣いと折々の会話のお陰で
一人でお食事しても落ち着いてゆったりとくつろげるのも素晴らしい♩
やはりレストランって、食事とサービスが一体となってこそ真の価値が
現れるものだとつくづく思う。

さて、今度はいつ行けるやら・・・??

Restaurant KEI
5 rue Coq Heron, 75001
Tel: 33 (0)1 42 33 14 74
日月休み
(現在3月5日まで休業中)