小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ&バスク通信その8 困った時の…駆け込みランチ@コントワール・デュ・ルレ | main | パリ&バスク通信その10 1月のお菓子、ガレットデロワいろいろ >>
2013.01.26 Saturday

パリ&バスク通信その9 パリ最終日のランチはレ・ブキニストにて

ランチで巡る楽しいパリもあっという間に最終日。
いつも出発当日までショッピング、パッキングに大わらわなのですが、
今回は前日夜にがんばったおかげでちょっと余裕が。。。

ホテルから遠くないところでランチしたいな、と考えて「灯台下暗し」で
候補に浮上したのがこちら、レ・ブキニスト。
パリをご存知の方にはもう有名すぎるレストラン。


実は宿泊先から至近距離にありさっと行ってさっと帰ってこれるのが魅力。
加えて、営業時間外にお店の前を通りかかるたび、(外からガラス越しに見えるので)
サービススタッフのフレンドリーな笑顔に温かな気持になっていたことも決め手。
以前パリにお住まいだったKさんからランチが断然お得!と薦めていただいたこともあったなぁ。

そのご推薦どおり、とてもお得なランチコース。
前菜+メイン、またはメイン+デザートにグラスワインがついて28ユーロ
または、前菜+メイン+デザートにグラスワインがついて31ユーロ
お料理はそれぞれ2種類から選べます。私は3品のコースにしてみました。


前菜にはカリフラワーのクリームスープをチョイス。
寒かったこの日、スープが飲みたかったのです!
ワインは白→赤と考えてまずは白。ボルドーの白ワインでした。
ソーヴィニヨンブラン主体の爽やかながらボディのしっかりしたもの。


メインディッシュはラパン。
ウサギと言うと敬遠する人もいますが、ラパン(家ウサギ)はくせもなく
鶏肉よりずっとコクもあってスムーズにいただけます。
付け合せのポテトのピューレがまた美味しくてお腹一杯。。。
ワイン結構大盛り?で一杯で結構良い気分に。


デザートはプロフィトロール
シューにヴァニラアイスが挟まれていて、チョコレートソースとシャンティークリームを
かけたり添えたりしていただきます。
さっくり軽いシュー、チョコレートソース、そして軽めのシャンティーが美味しい!
自分で作るときはチョコレートソースのみでシャンティーは添えないけど
脂肪分少な目のシャンティーがあるほうがずっと美味しい気がします。

きびきびとして感じのよい女性のサービススタッフ、ちょっと日本語がわかってユーモラスな
男性スタッフに美味しいお料理で、パリ最後のお食事を楽しく過ごせて感謝!

Les Bouquinistes
53 Quai des Grands Augustins  75006 Paris
Tel: 01 43 25 45 94
日曜日はお休みです