小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ&バスク通信その7 雪の日曜日のパリランチ@カフェ・コンスタン | main | パリ&バスク通信その9 パリ最終日のランチはレ・ブキニストにて >>
2013.01.25 Friday

パリ&バスク通信その8 困った時の…駆け込みランチ@コントワール・デュ・ルレ

パリに限らず大体レストランのランチ営業は1400か、せいぜい1430がラストオーダー。
でも午前中動き回って食べ損ねたりして、サンドイッチじゃなくて
一品でもちょっと食べたいなーと思う時に重宝するのがこちら。

いつ行っても誰かしら並んで待っている人がいるコントワール・デュ・ルレ!
オデオンの交差点のほど近く、以前12時の開店15分前に行くと
既に数人が並んでた…ということも。(無事入れましたが)

今回は3時近くになってお茶じゃなくてご飯食べたーいと思いこちらへ。
一般的ランチタイムを外れていたので10分弱で店内へ入れました。
ボルドー右岸、Cote de Franc, Chateau Le Puyをグラス(7ユーロ)で頂きつつ
お料理を待ちます。
ううう、なかなか来ない!さらに目の前に置かれたパンのおいしい事。
ついつい食べてしまう。


やっと登場!
店内の大きな鏡に書かれた「本日のおすすめ」で見つけた
Une Omelette Basquaiseという文字。
どーんとやって来たオムレツの中身はピペラードという大好きなお料理。
ピペラードはピーマン、玉ねぎ、トマト、生ハムなどを炒め煮したお料理。
ピモンデスプレットが効いて少々ピリ辛風味です。
やっぱりまたバスクになってしまった…

迷ったけどやはりデザートも食べたいな、とオーソドックスなものを注文。

卵のシンプルなフラン。つまりはプリンみたいなものですが、こちらはクリームが
たっぷりなのかとてもクリーミィかつ濃厚。
添えられたマドレーヌは粗めでざっくりして良い感じ。

お隣のテーブルのフランス人男子3人組、仲良くババ・オ・ラムを食べていたけど
このフランを見ておおーっと歓声を上げていました。
思わず目を合わせてニッコリ。
やっぱりプリンだの、フランだのってみんな好きなんですね。

タイミング悪いとかなり並ぶし、テーブルは小さいけど、12時〜6時までの間
好きなものを注文できるお店ってなかなかないしありがたい。
おまけにお値段も良心的。この日のメインは14ユーロ、デザート6ユーロ也。

コントワール・デュ・ルレ
Le Comptoir du Relais
(Hotel Le Relais Saint Germain内)
9 Carrefour de l'Odeon, 75006 Paris
Metroオデオンからすぐ。