小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ&バスク通信その6 サンジャンドリュズのバスクご飯 | main | パリ&バスク通信その8 困った時の…駆け込みランチ@コントワール・デュ・ルレ >>
2013.01.24 Thursday

パリ&バスク通信その7 雪の日曜日のパリランチ@カフェ・コンスタン

楽しいバスクの旅はあっという間に終わり、17日夜にパリに戻りました。
そしてパリに戻ると冷たい雨と空気がお出迎え…。
18日金曜日夕方から降り始めた雪は大粒でみるみるうちにあたりは真っ白に。
そしてピークは日曜日。
目が覚めたらそこは雪国?!というような有様でした。

そんな中、せっかくだからと張り切って出かけた先はトロカデロ。
久しぶりにシャイヨー宮からのエッフェル塔が見たかったのです。


午後1時位ですが、それはもう、どんよりして、
雪は降り続き、下は凍ってつるつる。

トロカデロの駅からシャイヨー宮に一番近い出口はテープがはられていましたが
皆さんテープを無視して出入り…。
ただしあまりに寒いので滞留時間5、6分で失礼しました。

冷えた体を温めるにはランチ。お腹がくちると体も温まるものです。
そこで日曜日も開いているカフェ・コンスタンに行ってきました。

店内はとても暖かだったので、すっきりロゼワインの気分。
頼んだのはガンバという海老のグリルです。スパイスをふって鉄板焼きにしたもの。
レモンを搾って頂きました。食べ応えある一皿です。

そして、付け合わせのライスに注目。
メニューには、サフランライス添えとした書いてなかったのですが味付けが抜群でした。
ソシソン、玉ねぎ、マッシュルーム、パセリがたっぷり入って
サフランがしっかり効いて、カリカリしてないパエリヤのような。
美味しくって止まらなくなりました。
これだけ食べにまた行きたい位です。

実は今回コンスタンさんの料理本を買いました。
ご自身が南西部出身ということで、Sud-Ouestの香りプンプンの本。
それでなのかこのライスの味付けも私のツボにはまったようです。

いつも混み合っているようですが、ランチ営業ぎりぎりにいったせいか
すっと座れました。気軽に行けて、日曜日も開いてる貴重なお店の一つ。

カフェ・コンスタン
Cafe Constant
139 rue Saint-Dominique, 75007 Paris
Tel: 01 47 53 73 34