小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ&バスク通信その5 バイヨンヌのショコラムスー | main | パリ&バスク通信その7 雪の日曜日のパリランチ@カフェ・コンスタン >>
2013.01.22 Tuesday

パリ&バスク通信その6 サンジャンドリュズのバスクご飯

木曜日はサンジャンドリュズ最終日。
フライトが5時出発なので、お昼ごはんには気合いが入ります(笑)
ところが楽しみにしていたレストランが木曜日お昼まで休み!!というショックな事実。

親切なホテルのオーナーさんに相談したところ、食べたかった「Axoa=アショア」が
あるお店を紹介してくれました。
(さらに、その日開いているかどうか電話してくれました。)


ピルピルーエネアというお店。
最初に行ったらお店の人がまかないランチ食べていたので付近をうろうろして
戻ったらすでに3-4組が来ていてにぎわってました。

本日のランチが13ユーロ(メイン、デザート)、グラスワイン付だと15ユーロ。
私はアショアが選べる28ユーロのセットにしました。
グラスワインを頼むと大きなグラスになみなみ・・・こういうのが嬉しい。


この日はよく晴れてきりきり寒かったので、あったかいスープドポワソン。
濃厚な魚介の旨みがぎゅぎゅっと凝縮されています。
スープドポワソンをいただくとほのかに奥の方でカレーのような
スパイスを感じます。
ムール貝や海老も入っていて本来ならばこれ一皿でいいぐらいのボリューム。。。


さてメインのアショア登場!
子牛肉とピーマン、玉ねぎなどを炒めた料理ですが私がバスクに
ハマるきっかけになったもの。
お店によってそれぞれ味の違いはあるもののほんとーに「白いご飯」に合う!
巨大なジャガイモも皮つきをゆでただけですがしみじみとおいしい。
しかし半分弱でリタイア・・・できるなら持ち帰りたい!


デザートにはこれまたバスク風のプリン、コカを選びました。
しっかり堅焼きでキャラメルがしっかりと焦がしてあるので甘と苦味が効いて
ぺろっと完食!
カフェで締めてもうお腹いっぱいです。
この日夕飯はもういらないかも・・・。
(パリに帰ってビール&サンドイッチでした;;)

バスクではお昼、夜、一人外食続きでしたがお店の人も親切だし
お料理をじっくり楽しめて意外に平気でした。
3日間、美味しかったー。

また近いうちに来られたら良いな。。。(お店が全部開いているシーズンに!)
パリからは飛行機で1時間20分、空港はバイヨンヌ&ビアリッツからすぐだし
リュズまでもバスで40分。
バスクをさらに身近に感じた3日間でした。

*ただ今バスクに関するブログを準備中です。そちらでより詳しい情報を掲載しまーす。*