小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< パリ通信その1 りんごがいっぱい、Pomzのランチ | main | パリ通信改めパリ&バスク通信その3 バイヨンヌの生ハム >>
2013.01.17 Thursday

パリ通信改め、パリ&バスク通信その2 さくらんぼ

火曜日から大好きな私の(偏)愛するバスクに来ています。
今回で3回目のバスク、車が運転できないので
移動が楽と思われるサンジャンドリュズに2泊します。

さて、バスクを代表する果物と言うとやはりさくらんぼ。
中でもイッツアスー村の黒さくらんぼが有名です。

荷物をおいてぶらぶらと散策しつつ
ふらりと入ったお店で早速こんなものを買ってしまいました。


クレームドスリーズノワール
黒さくらんぼのリキュールです。
アペリティフもありましたがより濃いめのほうにしてみました。
アルコール度数は18度。
食後にショコラと一緒に如何でしょうか?!

おとなりは、塩味のアペリティフクッキー。
バスクらしく、羊乳チーズが練りこんであるそうです。


小腹がすいたらガトーバスク♪
一人用なのですがちょっと大きめ。

割って見るとこんな感じで、黒さくらんぼジャムがぎっしりと。
一つ食べたら夕飯に差し支えそうなので半分でやめました。
ねっちりとした生地はボリューム大。
パン屋兼お菓子屋のEtchartというお店で購入。
ここのクロワッサンも美味でした。
やっぱりバターが違うのですね。。。