小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 下目黒「ながみね」のおせち料理を今年も堪能! | main | エイジングケアサプリ「美時」(Bitoki) >>
2013.01.04 Friday

お正月2日のホームパーティ

年始のお楽しみはおせち料理、初詣、
そして時間を気にせず楽しむ友人とのワイン&ディナー。

年末からあれこれメニューを考える割には毎年ワンパターンなのですが
時には新作レシピをご披露したり、いつも慌ただしくしている中
のんびりとおしゃべりと食事を楽しむ楽しい時間です。

こちらは2日のメニューです。

この日のワイン。シャンパーニュ以外は持ち寄りをお願いしました。
シャンパーニュは、アンリ・ジローのオマージュ・ア・フランソワ・エマール。
白はアルザス、Marcel Deissのリースリング(2010)と、
J.P. Fichetのモンテリ(2009)
赤はLeroyのブルゴーニュルージュ(2003)、
Domaine d'Eugenieのヴォーヌ・ロマネ 1er cru (2006)


おつまみ色々・・・
黒豆(自家製)、野菜のマリネ、チーズと自家製ドライトマトなど
そして定番のスモークサーモン、フォンダン・フォアグラは
レストラン・トリウミからお取り寄せ。


魚介のテリーヌを作ってみました。
海老、帆立、白身魚と卵白をフードプロセッサにかけて裏ごし、
海老の頭と殻から取った出汁、泡立てた生クリームを加えて
型に入れて湯煎で焼き上げます。
赤パプリカを焼いてからピューレにしたソースを添えました。


メインは牛肉の赤ワイン煮。
赤ワインをたっぷり使って3日間かけて仕上げます。
別にココットで焼いたお野菜を添えて。


デザートはまずはショコラのソルベとプラリネのパルフェ。
その後、モンブラン!
ココア入りビスキュイにたっぷりとラム酒シロップをしみこませ
栗と生クリームをこんもりと丸く盛りつけてから
和栗のクリームをしぼりました。
前もってパーツを作っておけば食事の後に組み立てて
しぼるだけなので時間をかけずさっと出せます。

お客様ディナーのときは出来るだけ事前に準備しておいて
自分が席を離れる時間を少なくするのが良いですね。
(うちはダイニングキッチンなので、話が聞こえる範囲にはいるのですが)
そんなわけで今回はいわゆるその場での焼き物は無しにして
盛りつけるだけ、の料理をメインにしてみました〜。

魚介のテリーヌは好評だったのでいつかお料理教室の
メニューにも入れたいと思います。
それにしても、お客様2人含めみんな良く食べ良く飲みました〜笑