小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< Paris日記(11) 老舗Detaille(デタイユ)で優雅にお買いもの | main | Paris日記(13) ショコラのセレクトショップ ”Mococha" >>
2012.03.09 Friday

Paris日記(12) フランス各地の素敵な民芸品・工芸品〜La Tuile a loup

5区のCensier Daubenton駅やPlace Monge駅の近くには
素敵なお店が点在しています。

フランス各地の民芸品(陶器、布、かご)を沢山扱っている
La Tuile a loupはCensier Daubenton駅を出てすぐのところにあります。
普段使いできそうな食器を探しにやってきました。



お店の正面です。誘われるようなショーウィンドウ。
中に入ると色々なものが・・・
Yさんと二人、これ素敵、これ可愛い、割れ物だからたくさんは買えないよね・・・
中には何に使うかわからないものもあり、お店の方を質問攻め!

許可を頂いて写真を少し撮らせていただきました。




動物の飾り付きの入れ物欲しいなぁ〜。
湿度の高い日本では入れるものが限られますが・・・
生活雑貨は使ってこそと思いつつ「飾り物」になってしまうかも。

迷ったあげく、今回は細長い黄色のお皿を形違いで3枚購入。
おつまみ用にチーズやハムをのせたり
プチフールをのせたりと役立ちそうです。

もう一つはオリーブの木のボードとへら。
厚みも大きさもちょうど良いものが見つかりました。
木べらは独特の形でクレープをひっくり返すためのものでとても使いやすそう。
オムレツや卵焼きを作るときにも活躍しそうです。

La Tuile a loup
35 rue Daubenton 75005, Paris
月曜 1300-1800
火曜〜土曜 1030-1800
日曜休み
http://www.latuilealoup.com/