小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< Paris日記(5) リヨンのレストラン Daniel et Denise | main | Paris日記(7) リヨン〜ショコラの老舗ベルナシオンと目移りのレアール(市場) >>
2012.02.29 Wednesday

Paris日記(6) リヨン駆け足散策

ひきつづきリヨンです。
お腹一杯になったあとは腹ごなしに運動しなくてはと言う事で
前回は来られなかったフルヴィエールの丘に来ました。

とはいっても、トラムー>メトロー>ケーブルカーを乗り継いで、ですが。
ケーブルカーは割合急こう配なのですが香港のビクトリアピークに比べれば
全然大したことなく安心して乗っていられます。



素晴らしい晴天に恵まれたこの日。風は冷たさが残るもののこの青い空は
本格的な春の到来を感じさせます。
空の感じは明らかにパリのそれとは違っていて、南に来たんだなーという感じ。


丘からの眺め。
260階段の展望台はあいにく改修中で昇れず残念。
全く腹ごなしになりません。


フルヴィエールの大聖堂。
こちらも中は一部改修中。3月以降の本格的なシーズンを前に
今が手直しのシーズンなのかも。


ケーブルカーで再び丘を下り、
Vieux Lyonの駅から旧市街を散策。
雰囲気のある通りが続きます。


知り合いのシェフから紹介されたワインショップ。
近くにワインバーもあり、ショップ、バーともに日本人の方が共同経営されているそう。
リヨンに今度泊まるときにはぜひゆっくり訪れたいところ。
(18 rue du boeuf, 69005 Lyon)



こちらは商店の中・・・ではなく、ミニチュア博物館の展示です。
通りに向けてディスプレイしてありました。

長い時間ではないけれど、こうしてぶらぶらと散歩するのはとても楽しい。
これも美味しいもの好きのUさんが来てくれたおかげ。
ご飯もお買い物も、二人であれこれおしゃべりしながら過ごすと、
一人で黙々と予定をこなすよりずっと素敵な時間になるから。

この後はメトロで今回のリヨン訪問の目的の一つ、ショコラの老舗
ベルナシオンへ向かいます。