小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< 2010年7月のフランスの旅日記 その1 旅の始まり | main | 2010年7月のフランスの旅日記 その3 サヴォア >>
2010.11.05 Friday

2010年7月のフランスの旅日記 その2 リヨン

Jour 2: 午前中はリヨン市内観光。ポールボキューズ市場、有名なだまし絵を見る。
       午後は、レンタカーを借りてリヨンからアヌシーへ。お茶をいただいてから
       ブールジュ湖のAuberge Atmosphere(オーベルジュ・アトモスフェール)へ。

1日目はパリからかなり遅れたTGVに乗ってリヨンに到着したのは夜の10時過ぎ。
荷物を開いたらさっさと寝てしまったのでリヨン街歩きは2日目から。
と言っても午後にはレンタカーを借りて1泊でサヴォアに向かうので貴重な午前の時間です。

まずは念願の(?!)ポール・ボューズ市場(Les Halles Paul Bocuse)へ。
市場とは言うもののモダンで立派なビルの中に素敵なお店がはいっているのです。
さすがリヨンが美食の都と言われるだけあって、色とりどりの野菜、果物のほか
魚介類、肉類、ソーセージなどの加工品、チーズ、デザート、パン、チョコレート、
一日いても飽きない品揃え。

Lyon les halles tarte praline

早速パン屋さんでピンクのプラリネを使ったタルトやパンを発見!
リヨンのあるローヌ・アルプ地方ではアーモンドに濃いピンクの厚いお砂糖がけをした
プラリネが名物。それを使ったパン、お菓子が有名です。
このお店では薄いタルト生地にプラリネを流して焼いています。
もちろんブリオッシュに入ったものもありこれは翌日の朝食用に購入。
そういえば2008年に訪れたタン・エルミタージュ(Tain Hermitage=チョコレートメーカーの
ヴァローナ本社があります♪)の町のパン屋さんでも見かけました。
タルトはおやつ用に早速購入。そして後でお菓子屋さん、おみやげ物屋さんでも
袋入りのプラリネを買いました。
(帰国後、自宅にてピンクプラリネ入りアイスクリームを作ってみました。美味でした!)

甘いものを見た後は塩味ものをチェック・・・。
Lyon les halles fromage

こちらはチーズ熟成士、MOFのエルヴェ・モンス氏のお店です。
モンス氏はいらっしゃいませんでしたが、同僚の男性スタッフ(この方もMOF!)が
親切に対応してくれました。
どれもこれも美味しそうでそして当然ですが日本での価格と比べると格段にお安いのです。
あれこれ買いたくなりますが、まだ旅は始まったばかり。
これから色々なものとの出会いがあるはずと諦めました。

この市場内には素材も半加工品もデリも全て揃っています。
たとえば、キッチン付きのホテルに滞在すれば、前菜用にフォアグラのパテを買って、
メインはウズラのファルシ(詰め物)をオーブンで焼いて、デザートもパンもチーズも
最高のものを選んでフルコースのおうちディナーに出来るわけですね。
次回は絶対に近くのアパートメントホテルに滞在して毎日通ってしまおう!と
決心しました。

Les Halles de Lyon
102, cours Lafayette, Part-Dieu
69003 Lyon
最寄り駅:Part-Dieu

さて美味しいものを見てあれこれ試食した後は腹ごなしにだまし絵を見に行きます。
リヨンは大都市なのでメトロ、トラム、バスの路線が整備されていてかつわかりやすいです。
一日観光するなら1日パスを買うとお得。


Lyon騙し絵ボキューズ

壁一面に描かれたリヨンの有名人達。だまし絵はリヨン市内に何十箇所もあるようですが
まずはこちらの絵を見に来ました。
リヨンの観光と言えばだまし絵と思っていた私ですが場所の特定には時間がかかりました。
ガイドブックにもそれぞれの場所や住所が出ていないのです。
最終的には実際に伺った方々のブログとそこに書かれた通りの名を参考にGoogle Mapで
検索して突き止めることに・・・。
こちらはソーヌ川沿いの、Passerelle Saint Vincentという小さな橋の近くにあります。

Lyon 騙し絵1

なんだか後から写真で見るとどこまでが絵でどこからが本当に建物の凹凸なのか
わからないですねー。

その後メトロを使ってCroix-Rousse地区、Canut通りにある巨大なだまし絵も
見に行きました。メトロの最寄り駅はHenonだったと思います・・・。

リヨンだまし絵Canut通り

ここのだまし絵はすごいですよ。小さくしか見えませんが、階段もその奥にある建物も
全て絵です。右側の建物は一部本当に窓があるし奥行きがありますがこれも絵なんです。
そういえばパリでもプランタンデパートが工事中のときには大きな工事用の幕が
かかっていてそこに完成後の建物の絵が描かれていました。
日本でもブルーシートや白い塀ではなくて素敵な絵があるといいですね。

この後は、リヨン空港でレンタカーを借りてサヴォアに向かいます!
この日は気温33度ぐらい、晴天なのは良いのですが、「からっと涼しい風」を
期待してきた私には少々暑すぎるお天気です。
きっと山に行けば涼しいと思うのですが、さて・・・。