小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

<< クーカル軽井沢クッキーGET! | main | イタリアの牛乳&羊乳の白カビチーズ’ランゲリーノ’@イータリーEataly >>
2011.10.18 Tuesday

パリの美味しいものまとめて色々〜ポワラーヌ、ペトロシアン、Etc...

夏のフランスの旅日記、最後はパリの美味しいものまとめてご紹介!で
締めくくりたいと思います。

まずはポワラーヌのりんごのパイ。
りんごをくるんだものとタルトのように上にのせたものがあって
どちらも生地はふんわりさくさく。正しいパン屋さんのりんごパイと言う感じでしょうか。 
パリジェンヌのように、買ったらすぐに食べながら歩きたい。(背筋を伸ばして)


隠れたベストセラーはシンプルなクッキー。
粉、砂糖、バター、卵、そして菊型の抜き型とザ・基本のようなものですが
良いものだけを使ってます、と主張しています。

ちなみに私は良く焼けたものが好み♪

こちらはペトロシアンのスモークサーモン。
ペトロシアンといえばキャビアとサーモン。キャビアはちょっとお高いので
もっぱらサーモンを頂いております。
私のお勧めはツァーという名前のもの。ギャラリーラファイエットのお店は
気軽に利用できます。ほしいだけ、何枚とお願いしてスライスしてもらいます。
まさにとろける美味しさ。


おやつにはメゾンドショコラのソルベ・ショコラ。
シャーベットなのでアイスクリームよりもさっぱりとしていますが、その分カカオの濃厚さが
感じられますよ。


朝食の定番はパンとフルーツジュースに加えて欠かせないのがヨーグルト。
フルーツの酸味が効いたものがお気に入り。
今回はまずリュバーブとシトロン(レモン)。
コクのあるヨーグルトによく合います。
パッケージを良く見ると、乳脂肪分(MG)は3.4%、そして
クリーム無添加の文字が。こっくりしているのはミルクの風味なのでしょうか。


東京でのショコラタイム用に、ジャン・シャルル・ロシューで
カルーゼル・ショコラを購入。
1月のサロンドショコラ東京で買いそびれてしまったので。。。


少し弾力のあるチョコレートをくるくると削っていただきます。
花びらのようにチーズを削るジロールという器具から発想したらしい。
チョコレートがなくなったらレフィルだけ買えるのも素敵。
フレーバーも色々あるので試してみたいもの。
ロシューさんご自身もお店で接客してくれて、バッグにサインを
入れてくれました。

まだまだご紹介したいものは沢山ありますがひとまずこれにて。
いつか冬のパリの美味しいものをたっぷりご紹介したいです。