小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

2017.08.28 Monday

8/27(日)23:30〜 BSジャパン「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」出演のお知らせ

こんにちは。

料理教室ル・プティ・フール後藤初美です。

 

8月27日(日)から4週連続(予定)で、「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」に

料理人として出演のお知らせです。

 

【On Air予定日】

8/27(日)・9/3(日)・9/10(日)・9/17(日)

いずれも23:30〜 BSジャパン

 

フランスから帰国間もない7月に収録に伺い、時差ボケを吹き飛ばすお仕事でした!

今回は沖縄&石垣島の食材を使って、ゲストが選んだワインに合わせたお料理です。

 

第1回目の昨日は、ゲストの絵本作家、真珠まり子さんが選んだ

インドのワイナリー「スラ」の「シラー種赤ワイン」にあわせて、

 

「セーイカ、ウリズン、白ゴーヤの山椒味噌チャンプルー」

作りました。(クリックすると番組サイトに飛んでレシピが見られます。)

 

セーイカ以外でも手に入るイカで美味しく作れますのでどうぞお試し下さい!

来週は真珠まり子さんの回の後半で、日本ワインと真珠まり子らしいワインに

合わせた2品が登場します。

ぜひご覧下さいませ♪

 

 

 

 

 

 

ヘルシーフレンチ家庭料理・お菓子・食のフランス語教室

Le Petit Four ル・プティ・フール

Http://www.hatsumi-823.com

お問い合わせ&ご予約のメールはこちらから→hatsumi.goto@gmail.com

ご予約フォームはこちらをクリックしてください。

2016.07.10 Sunday

雑誌「マリソル」8月号に掲載されました

7月7日発売の集英社「マリソル」8月号に取材していただいた記事が掲載されました。

”アラフォーからの人生方向転換〜わたしの場合”

という特集のなかの1ページに登場しています。

 

40代で全く別の業界に転職した方のお話を・・・との企画を

友人の編集者Kちゃんからつないでいただいての嬉しいご縁。

 

前職は銀行の役員秘書でしたので、確かにぐるっと大きな一大転換でした。

趣味や生活の中で楽しむことであった食の世界。

楽しい事は仕事にすると大変という変な思い込み?がありましたが

思い切ってチャレンジすることで新しい世界が開けました。

 

とはいえ今思えば熟考すべきだったなと思う事も多々あり。

それでもやってみたい、やってみようと思う事があれば

試してみる価値はあるかもしれません。

 

私のこれまでの諸々のとりとめのない話をきっちりとまとめて下さった

編集者&カメラマンの皆様に感謝です。

取材にいらして下さった当日は、お話と写真撮影の他に

お料理をお出ししたり時に脱線しながらもとても楽しい時間でした。

 

人生の転換期は人それぞれですが心に何かひっかかることが

あるかたにぜひご覧頂けると嬉しいです。

 

 

2016.07.01 Friday

高知の食材xワインPart II 〜鹿肉のフライパンロースト&清水サバのミキュイ空揚げ〜

6月12日・19日に「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」岩代太郎さんの回が放映されました。

引続き高知の食材を使って、ゲストの選んだワインと料理を合わせました。

 

ゲストの選ばれたワインは、こちらの2つ。

今飲みワイン→ モロッコの赤ワイン (品種 グルナッシュ、カリニャン、サンソー)

岩代太郎っぽいワイン→ ルーマニアの白ワイン甘口 (品種タマイアオサ、ロマネアスカ)

 

食材は、「鹿肉」と「清水サバ」を選びました。

 

今飲みワインはモロッコのワインですが品種は南仏で使われるものと同じ。

柔らかい鹿肉をローストビーフのようにフライパンでローストして、赤ワインのソースを。

ジビエ系のお肉にはカシスを加えて甘酸っぱい風味をプラス。

多少スパイシーさも感じられるワインに合わせて高知県産の「仁淀川山椒」を

ほんのりと効かせました。

鹿肉のフライパンロースト、赤ワインとベリーの甘酸っぱいソース

 

そして岩代太郎っぽいワイン!

なんと白の甘口ワインでした。

今までも割合「自分らしいワイン」として甘口を選ばれた方が多くて

それに高知の食材をコーディネート???と悩みましたが

新鮮な清水サバに、沢山送って下さった小夏を再登場させました。

甘酢あんかけのベースに小夏の果汁をたっぷりと。

白ワインの果実味プラス酸味とうまく合ったかな?

 

清水サバのミキュイから揚げ、小夏の甘酢あんかけ

 

清水サバはさすがに身質がよく、しかも周りだけをさっと揚げて

半生に仕上げたのでまるで穴子の天ぷらのような食感!

小夏をたっぷりと使ったあんかけとバッチリだったように思います。

 

詳しいレシピはこちらを!
http://www.bs-j.co.jp/budoshu/97.html

 

ゲストがワインを決めるまで本当にハラハラドキドキ、

決まったら決まったで時間との勝負なのですが

短時間で料理を組み立てるという緊張感のある時間に

多くを学ばせて頂いています。

 

とにもかくにも今回も無事終って良かった〜とオンエアーを観ながら一息です。

お世話になりました制作スタッフの皆様、今回もありがとうございました。

 

2016.05.02 Monday

初夏に白ワインと合わせたい「にらと小夏の和え物」

昨日「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」の第一回が放映されました。
ご覧下さったみなさま、ありがとうございました。
何名かからは、観ました!と感想とともにメッセージをいただき感激です。

今回はゲスト風吹ジュンさんの「今飲みたいワイン」に合わせてのお料理です。
食材は高知県産がずらりと。

サラダでも頂ける柔らかく風味のよいにら。
(高知県はにらの生産ナンバーワンだそう。)
そして小ぶりの柑橘、小夏。
静岡・愛媛では、ニューサマーオレンジ、
宮崎では、日向夏と呼ばれているそうです。


特徴としては外皮を削ぎ取り、白いわたの部分を半分位残す事。
そしてそのまま切り分けて行きます。
酸味が強過ぎず白いわたには苦みもなく、爽やかな風味です。
さっと茹でたにら、油で揚げて香ばしさを出したカシューナッツとともに。
味付けは少量の塩とごま油のみ。

詳しい分量・レシピは、こちらをご覧ください。
http://www.bs-j.co.jp/budoshu/95.html#main2

トロピカルフルーツを思わせる白ワインとピッタリの相性だったと思います。