小さなオーブン 大きなヨロコビ 'Le Petit Four-ル・プティ・フール-'

ブログ

2013.02.22 Friday

パリ&バスク通信その16 エルボリストリで見つかる植物成分たっぷりのクリーム

パリ6区、オデオン界隈に泊まる楽しみの一つが、老舗の「エルボリストリ」に近い事。
エルボリストリは、Herboristerieと書きます。
薬草薬局のことでハーブや薬効成分があるといわれる植物から作られたお茶、
ハーブエッセンスを配合したクリームなどを扱っています。
 
もう7,8年前ですがフランス人がハーブを身近に日常的に使うことを目の当たりにし、
アテネ・フランセの夏期講習で「フランスの薬草」というレクチャーに出席して
元々好きだったハーブに益々興味がわきました。

私がいつも伺うのはこちら。
Saint-Andre-des-Arts(サンタンドレデザール)通りにあるお店。
クラシックな内装の本店がClichy通りにあるのですが残念ながらまだ伺っていません。


メディカルアロマに興味のある方ならきっとお好きかも。。。


私はこのお店の乾燥肌用クリームがお気に入りです。
丁度この写真の右から二番目、白いポット状の容器に入っています。
商品名はCreme peaux seches、フェイス、ボディ両方に使えます。

クリーム自体は柔らかいバタークリームのように見えるのですが
付けるとお肌にすっとなじみべたつきもなし。
乾燥してかゆくなるようなときにもピッタリです。
お風呂上り、お化粧前に付けるとお肌が喜んでいるようです〜。
潤うのにべたつかないのはほんとにすごい。

お値段は、直径6僂阿蕕い離櫂奪箸砲燭辰廚蠧って確か28ユーロか30ユーロ
ぐらいだったような。。。そしてかなり使いでがあります。

店内は天然のハーブや草の薫りに満ち満ちていて清浄な空間とでも言いましょうか。
深呼吸をすると気持ちがすーっと落ち着くようです。
お店の方もとても親切でお買い物の合間の癒しタイムです。

Herboristerie d'Hippocrate
エルボリストリ ディポクラット (イポクラットとはヒポクラテスのこと)
42 Rue Saint andre des Arts, 75006 Paris
日曜日はお休みです。
2013.02.21 Thursday

パリ&バスク通信その15 パリの夜・・・Paris, la nuit

のんびりマレを歩いているうちに夕暮れ、そしてあっという間に夜のとばりが下りる。
パリは夜はまた一段と素敵な姿に変貌を遂げる…。
眺めの良い場所からパリを見たいと向かったのは、ポンピドゥー・センター。


ポンピドゥーセンターの前はまるで天然スケートリンクのよう!
滑らないように気をつけて歩きます。
(全然エレガントじゃないなぁ。。。)


外からは巨大なチューブのように見えるエスカレータを上がって行くと
幻想的な眺めが待っていました♩
小さい頃読んだ絵本の挿絵のような建物、連なる屋根、
遠くにはキラキラのエッフェル塔まで…♩

凍えそうに寒い夜でしたが心はほんわか。
パリの冬の夜を満喫できました!

2013.02.12 Tuesday

パリ&バスク通信その14 北フランスからMeertのゴーフル

ゴーフル、ワッフル、読み方は違うけれど同じカテゴリー。
でも不思議と「ワッフル」と聞くと「ふわり柔らかい生地」のアメリカンタイプのお菓子を
「ゴーフル」と聞くと「硬めかりっとした生地」のベルギーやオランダの
お菓子を思い浮かべてしまいます。
音から受ける印象は食感に直結?!

さて、北フランスの町リールに本店を構えるMeertの支店が
パリはマレ地区にあり、日曜日も営業しています。
こちらのゴーフルが美味しいとの事で行ってみました。

じつはMeertのあるエルゼヴィール通りは昨年訪れた
コニャック・ジェイ美術館のある通り。
外観が素敵なお店!と思いつつ美術館訪問のあとは次の予定もあり
Meertに立ち寄らなかったのは、今思うと大失敗。
・・・とても美味しかったので。

こちらは普通サイズのゴーフル。中にクリームが挟まれてます。
常温で8日間はOKというのも嬉しい。
バニラクリームサンドはミニサイズもあります。


店構えもシックで素敵。窓枠の白いのは雪です!

ゴーフルはこんな素敵な箱に入ってきます。
私は右側のピスタチオクリームを買ってみました。
食べ応えもあり生地がしっとりしてボリュームもあり美味しい!!
以前オランダのお土産でいただいたゴーフルと似ていますが
違いは生地の甘さとクリームかな。

週末には焼き菓子やケーキも並びます。
日曜日にマレの美術館散策&ゴーフル、おすすめです。
ホームページもとても素敵でリールの本店に行きたくなりました♩

Meert
16 Rue Elzevir, 75003 Paris
http://www.meert.fr



2013.02.09 Saturday

パリ&バスク通信その13 レストランケイでトリュフ堪能ランチ

出発までバタバタと慌ただしくて予約をしていなかったレストランKEI。
バスクに着いてから、ダメもとでお電話したら
なんとラッキーにも希望日にお席がとれました。
たまたまキャンセルが出たばかりだったそうで。

そんなわけで今回の旅の一番贅沢なランチ♩
昨年の事を思い返してみると、丁度ミシュラン発表のあたりで
1つ星獲得のニュースの日だったような…。
そして追加でトリュフ頂いた事も同時に思い出しました。

今年は、Composition Truffeというトリュフをふんだんに使った
コースがあるとのこと、思い切って贅沢一人ランチしてみました。



いつも思うのですが、フランスで頂くシャンパーニュやワインは
なぜこんなに美味しく感じるのか?!
長距離の旅をしていないから?やや乾いた空気感?それとも気のせい?

さ、お料理スタート!
ラングスティーヌ
トリュフのタルト
色とりどりお野菜とサーモン
フォアグラ
魚はサンピエール?だったかな。
お肉は牛フィレ、しっかりした肉質
フレッシュ・シェーヴル!!!
デセールいろいろ。

一部掲載してないものもあるので、デセール含めるとトータル10皿ぐらい。
皿数は多いけど、ちまちましてないし、何食べたか覚えてない!という感じにはならない。
そしてお腹はちきれんばかりなんだけど、翌日までもたれることもない。
あれだけしっかり食べているのにな〜と不思議!

さらには、日仏サービススタッフのさりげない心遣いと折々の会話のお陰で
一人でお食事しても落ち着いてゆったりとくつろげるのも素晴らしい♩
やはりレストランって、食事とサービスが一体となってこそ真の価値が
現れるものだとつくづく思う。

さて、今度はいつ行けるやら・・・??

Restaurant KEI
5 rue Coq Heron, 75001
Tel: 33 (0)1 42 33 14 74
日月休み
(現在3月5日まで休業中)
2013.02.05 Tuesday

パリ&バスク通信その12 コンフィチュール専門店 La Chambre aux Confitures

去年9区のMartyr通りを歩いていて見つけたコンフィチュール専門店
La Chambre aux Confitures
(直訳するとコンフィチュールのお部屋)

その名の通り、壁一面コンフィチュールがぎっしり。
Martyr通りのお店は定休日がありますが、その後にできたマレ店は
なんと無休!
日曜日でも開いているお店の多いマレらしい。

にぎわっている店内!


壁一面のコンフィチュール。
なんとほぼ全種類、試食が可能なのが嬉しい。
今回柑橘系を中心にあれこれ探していたので単品から色々な組み合わせまで
何種類か試してみる事ができました。


パッケージもシンプルで可愛いし、ギフト用の袋も素敵。
そして何より、「店員さんが可愛くて親切」なのですよ!!
観光客の多い場所柄、英語での対応もバッチリです。
どうぞ安心してお出かけ下さい。
そして気になるお味はどんどん試食するのがおすすめ。

果物のコンフィチュール以外にも、マーマレード、ジュレ、
チャツネのようなお料理に添えるタイプもそろっています。

La Chambre aux Confitures
60 rue Vieille du Temple, Paris 75003
月〜金は1100-1930、土日は1000-2000
http://www.lachambreauxconfitures.com/blog/


2013.01.30 Wednesday

パリ&バスク通信その11 パリの夢のお店ストーレー

パリには沢山の個性豊かで美味しいパン屋、お菓子屋があるけれど
どれか一つだけ、と言われて迷わず選ぶのはここ、ストーレー。
1730年創業、パリ最古のお菓子屋さんです。

私の秘かな夢は(ここで書くと秘かではなくなってしまいますが)
ストーレーのあるモントルグイユ通りに住むこと!
だってご近所になれば毎日でも通えるから(笑)

有名店ですが店構えは意外にこじんまり。


美味しそうなお菓子が並んでいます。
毎日1個ずつ食べていけたら幸せ〜〜。


お総菜コーナーには各種テリーヌ、キッシュ、パイも充実の品ぞろえ。
お野菜のテリーヌ、シャンピニオンのタルト、美味しかったです。


ホテルのお部屋でのお食事に活用している見た目も美しいお惣菜。
手前左は、ブッフ・ブルギニヨン、ホタテの串焼きなどが付け合せと一緒に
パックされてます。これも便利〜。

このほかにパン、ヴィエノワズリー(デニッシュ類)、チョコレート、
焼き菓子類などここに来れば何でもそろってしまいます。

モントルグイユ通りは両脇に色々なお店が並ぶ楽しい商店街。
お肉屋さん、チーズ屋さん、スターバックス、さらには
オーガニックスーパーマーケットのNaturaliaや、オーガニックティーの
Lov Organicまであって垂涎もの。
いつの日か数カ月でもこの界隈の住人になれたら良いな、と夢は膨らみます。

Stohrer
51 rue Montorgueil, 75002 Paris
www.stohrer.fr/
0730-2030 無休 (8月に2週間休みあり)
メトロ:Chatelet, Les Halles
私は4番線での移動がべんりなのでEtienne Marcelを利用してます。

2013.01.27 Sunday

パリ&バスク通信その10 1月のお菓子、ガレットデロワいろいろ

フランスに行く数日前、フランス大使公邸で行われた
ガレット・デ・ロワ献上式に参加し、様々なガレット・デ・ロワを頂きました。
それもこれも、クラブ・ド・ラ・ガレット・デ・ロワの会員になっているからなのです。

今年久しぶりに1月前半、ガレット・デ・ロワシーズンぎりぎりに
フランスを訪れたので嬉しい事にお菓子屋のショーウィンドーは沢山のガレットが!
見て回るだけでも楽しいけどやっぱり味わわなくちゃー♩

メゾン・デュ・ショコラです。丸形は、アーモンドクリーム入りと
リンゴ入り。四角いのはこのお店らしくチョコレートガナッシュ。
手前はフェーブ。チョコレート色が素敵。
一人用の小型もあったので買ってみました。


パートが軽めでさくさく、クリームも比較的軽めでした。
そして厚みがしっかりとある割にはあっさり。
これは一人で一つは軽くいけそうです。


ショーウィンドー越しなのでちょっと不鮮明ですが、
7区Hugo & Victorのガレット。
中身はアーモンドクリームに彼らのスペシャル素材コンババ(柑橘)の風味。
見た感じではバターがしっかり効いてそうなパート?
(クロワッサンを頂いたところバターをたっぷり使ったものだったことから推察)


パリ最古のお菓子屋さん、Stohrer(ストーレー)のもの。
しっかりと高さがありますがやはり生地は軽め、クリームも。
直径約27、8cmぐらい?ですが4人分だそうです。。。
でもお腹空いていたらいけるかな?


こちらはパリのJean-Jacques-Rousseau通りのパン屋さんで見かけた
ブリオッシュ仕立てのガレット・デ・ロワ。
オレンジの花の水入りでトッピングにフルーツのコンフィ。
このサイズ(25cmぐらい?)で4人用だそう。


こちらはバスクのサンジャン・ド・リュズのパン&お菓子屋さん、
エチェバステーで見かけたガレット・デ・ロワ。
シンプルな作りですが、王冠が豪華!
これもオレンジの花の水入り。

フランス南部では、いわゆるパイ生地を使ったガレットよりも
ブリオッシュ生地が多いようです。
朝ご飯に食べたい感じですね〜。

2013.01.26 Saturday

パリ&バスク通信その9 パリ最終日のランチはレ・ブキニストにて

ランチで巡る楽しいパリもあっという間に最終日。
いつも出発当日までショッピング、パッキングに大わらわなのですが、
今回は前日夜にがんばったおかげでちょっと余裕が。。。

ホテルから遠くないところでランチしたいな、と考えて「灯台下暗し」で
候補に浮上したのがこちら、レ・ブキニスト。
パリをご存知の方にはもう有名すぎるレストラン。


実は宿泊先から至近距離にありさっと行ってさっと帰ってこれるのが魅力。
加えて、営業時間外にお店の前を通りかかるたび、(外からガラス越しに見えるので)
サービススタッフのフレンドリーな笑顔に温かな気持になっていたことも決め手。
以前パリにお住まいだったKさんからランチが断然お得!と薦めていただいたこともあったなぁ。

そのご推薦どおり、とてもお得なランチコース。
前菜+メイン、またはメイン+デザートにグラスワインがついて28ユーロ
または、前菜+メイン+デザートにグラスワインがついて31ユーロ
お料理はそれぞれ2種類から選べます。私は3品のコースにしてみました。


前菜にはカリフラワーのクリームスープをチョイス。
寒かったこの日、スープが飲みたかったのです!
ワインは白→赤と考えてまずは白。ボルドーの白ワインでした。
ソーヴィニヨンブラン主体の爽やかながらボディのしっかりしたもの。


メインディッシュはラパン。
ウサギと言うと敬遠する人もいますが、ラパン(家ウサギ)はくせもなく
鶏肉よりずっとコクもあってスムーズにいただけます。
付け合せのポテトのピューレがまた美味しくてお腹一杯。。。
ワイン結構大盛り?で一杯で結構良い気分に。


デザートはプロフィトロール
シューにヴァニラアイスが挟まれていて、チョコレートソースとシャンティークリームを
かけたり添えたりしていただきます。
さっくり軽いシュー、チョコレートソース、そして軽めのシャンティーが美味しい!
自分で作るときはチョコレートソースのみでシャンティーは添えないけど
脂肪分少な目のシャンティーがあるほうがずっと美味しい気がします。

きびきびとして感じのよい女性のサービススタッフ、ちょっと日本語がわかってユーモラスな
男性スタッフに美味しいお料理で、パリ最後のお食事を楽しく過ごせて感謝!

Les Bouquinistes
53 Quai des Grands Augustins  75006 Paris
Tel: 01 43 25 45 94
日曜日はお休みです

2013.01.25 Friday

パリ&バスク通信その8 困った時の…駆け込みランチ@コントワール・デュ・ルレ

パリに限らず大体レストランのランチ営業は1400か、せいぜい1430がラストオーダー。
でも午前中動き回って食べ損ねたりして、サンドイッチじゃなくて
一品でもちょっと食べたいなーと思う時に重宝するのがこちら。

いつ行っても誰かしら並んで待っている人がいるコントワール・デュ・ルレ!
オデオンの交差点のほど近く、以前12時の開店15分前に行くと
既に数人が並んでた…ということも。(無事入れましたが)

今回は3時近くになってお茶じゃなくてご飯食べたーいと思いこちらへ。
一般的ランチタイムを外れていたので10分弱で店内へ入れました。
ボルドー右岸、Cote de Franc, Chateau Le Puyをグラス(7ユーロ)で頂きつつ
お料理を待ちます。
ううう、なかなか来ない!さらに目の前に置かれたパンのおいしい事。
ついつい食べてしまう。


やっと登場!
店内の大きな鏡に書かれた「本日のおすすめ」で見つけた
Une Omelette Basquaiseという文字。
どーんとやって来たオムレツの中身はピペラードという大好きなお料理。
ピペラードはピーマン、玉ねぎ、トマト、生ハムなどを炒め煮したお料理。
ピモンデスプレットが効いて少々ピリ辛風味です。
やっぱりまたバスクになってしまった…

迷ったけどやはりデザートも食べたいな、とオーソドックスなものを注文。

卵のシンプルなフラン。つまりはプリンみたいなものですが、こちらはクリームが
たっぷりなのかとてもクリーミィかつ濃厚。
添えられたマドレーヌは粗めでざっくりして良い感じ。

お隣のテーブルのフランス人男子3人組、仲良くババ・オ・ラムを食べていたけど
このフランを見ておおーっと歓声を上げていました。
思わず目を合わせてニッコリ。
やっぱりプリンだの、フランだのってみんな好きなんですね。

タイミング悪いとかなり並ぶし、テーブルは小さいけど、12時〜6時までの間
好きなものを注文できるお店ってなかなかないしありがたい。
おまけにお値段も良心的。この日のメインは14ユーロ、デザート6ユーロ也。

コントワール・デュ・ルレ
Le Comptoir du Relais
(Hotel Le Relais Saint Germain内)
9 Carrefour de l'Odeon, 75006 Paris
Metroオデオンからすぐ。
2013.01.24 Thursday

パリ&バスク通信その7 雪の日曜日のパリランチ@カフェ・コンスタン

楽しいバスクの旅はあっという間に終わり、17日夜にパリに戻りました。
そしてパリに戻ると冷たい雨と空気がお出迎え…。
18日金曜日夕方から降り始めた雪は大粒でみるみるうちにあたりは真っ白に。
そしてピークは日曜日。
目が覚めたらそこは雪国?!というような有様でした。

そんな中、せっかくだからと張り切って出かけた先はトロカデロ。
久しぶりにシャイヨー宮からのエッフェル塔が見たかったのです。


午後1時位ですが、それはもう、どんよりして、
雪は降り続き、下は凍ってつるつる。

トロカデロの駅からシャイヨー宮に一番近い出口はテープがはられていましたが
皆さんテープを無視して出入り…。
ただしあまりに寒いので滞留時間5、6分で失礼しました。

冷えた体を温めるにはランチ。お腹がくちると体も温まるものです。
そこで日曜日も開いているカフェ・コンスタンに行ってきました。

店内はとても暖かだったので、すっきりロゼワインの気分。
頼んだのはガンバという海老のグリルです。スパイスをふって鉄板焼きにしたもの。
レモンを搾って頂きました。食べ応えある一皿です。

そして、付け合わせのライスに注目。
メニューには、サフランライス添えとした書いてなかったのですが味付けが抜群でした。
ソシソン、玉ねぎ、マッシュルーム、パセリがたっぷり入って
サフランがしっかり効いて、カリカリしてないパエリヤのような。
美味しくって止まらなくなりました。
これだけ食べにまた行きたい位です。

実は今回コンスタンさんの料理本を買いました。
ご自身が南西部出身ということで、Sud-Ouestの香りプンプンの本。
それでなのかこのライスの味付けも私のツボにはまったようです。

いつも混み合っているようですが、ランチ営業ぎりぎりにいったせいか
すっと座れました。気軽に行けて、日曜日も開いてる貴重なお店の一つ。

カフェ・コンスタン
Cafe Constant
139 rue Saint-Dominique, 75007 Paris
Tel: 01 47 53 73 34